お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-19 17:20
インカーネルNOSQLキャッシュにおけるレンジクエリの性能改善
田村是慶松谷宏紀慶大VLD2015-85 CPSY2015-117 RECONF2015-67
抄録 (和) ビッグデータの利活用を図るために、水平スケーラビリティに優れる様々な NOSQL が開発されている。
しかし、それぞれの NOSQL は特定用途に特化したものである。本論文では、ネットワークインターフェースカード (10Gbit Ethernet NIC)および、インカーネル NOSQL キャッシュ(IKNC)を用いて、様々な NOSQL を複合的に利用するポリグロット永続環境を高性能化することを目的する。IKNC は、ネットワーク経由で送られてくるデータベースへの検索クエリとその検索結果をそれぞれキーとバリューとし、デバイスドライバ内にキャッシュする。格納す
るデータ構造ごとに様々な種類の NOSQL が存在するため、ポリグロット永続化を達成するためには、IKNC のキャッシュ構造を各 NOSQL 毎に変えていく必要がある。本論文では最初に、IKNC を NOSQL の一種であるカラム指向 型ストレージに適応させる。カラム指向型ストレージでは、行キーごとに複数個のカラムを持つ形でデータが格納さ れている。データは行キーを単位としてソートされているため、スキャン範囲を指定したデータの取得を行うレンジ クエリを扱うことが可能である。しかし、レンジクエリでは場合によってはメモリ使用効率が悪化するなどの問題が おこる。このため、速度重視のキャッシュ方式と、メモリ使用効率の良い 2 つのキャッシュ方式を提案する。本論文では、10Gbit Ehternet NIC、および、Linux に実装した IKNC を用いて実際にカラム指向型データベースの一つである HBase の処理を行う。そしてそれぞれのキャッシュ方式の長所と短所をまとめ、ワークロードによって使い分けることを提案する。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) ポリグロット永続化 / アクセラレータ設計 / キャッシュ / データベース / 構造型ストレージ / / /  
(英) Polyglot persistence / Accelerator design / Cache / Databases / Structured storages / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 399, CPSY2015-117, pp. 73-78, 2016年1月.
資料番号 CPSY2015-117 
発行日 2016-01-12 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2015-85 CPSY2015-117 RECONF2015-67

研究会情報
研究会 VLD CPSY RECONF IPSJ-SLDM IPSJ-ARC  
開催期間 2016-01-19 - 2016-01-21 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio University 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2016-01-VLD-CPSY-RECONF-SLDM-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インカーネルNOSQLキャッシュにおけるレンジクエリの性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement on In-Kernel NOSQL Cache for Range Queries 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ポリグロット永続化 / Polyglot persistence  
キーワード(2)(和/英) アクセラレータ設計 / Accelerator design  
キーワード(3)(和/英) キャッシュ / Cache  
キーワード(4)(和/英) データベース / Databases  
キーワード(5)(和/英) 構造型ストレージ / Structured storages  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 是慶 / Korechika Tamura / タムラ コレチカ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 宏紀 / Hiroki Matsutani / マツタニ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-19 17:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2015-85,IEICE-CPSY2015-117,IEICE-RECONF2015-67 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.398(VLD), no.399(CPSY), no.400(RECONF) 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2016-01-12,IEICE-CPSY-2016-01-12,IEICE-RECONF-2016-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会