電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-19 14:20
外れ値検出に対するMSD法のGPU実装と実験的評価
浅野翔太郎稲木雅人永山 忍若林真一広島市大VLD2015-83 CPSY2015-115 RECONF2015-65
抄録 (和) 近年,情報通信技術やセンシング技術の進歩によって,世の中に流通するデータ量は増加の一途をたどっている.このような膨大な量のデータの中から期待されるパターンと一致しないデータのみを的確に短時間で検出するため,外れ値検出の研究が行われている.その一つとして,マハラノビス距離に基づく外れ値検出を拡張したMSD法が提案されている.MSD法はマハラノビス距離に基づく単純な外れ値検出と比べ,計算時間は大きいが,ロバストに外れ値を検出することができる.この計算時間が大きいという問題を解消するため,本研究ではMSD法をGPU上に並列アルゴリズム実装し,実験的評価を行う.MSD法では過去データと新規データの間のマハラノビス距離を求める前に,過去データのうち外れ値である可能性が明らかに高いデータを検出し重みを小さくする.本研究では,この処理がランダムに生成した複数の基底に対する独立した処理から成ることに着目し,各基底に対する処理を並列に実行するように実装した.
実験の結果,提案実装の有効性を確認した. 
(英) In recent years,as the information,communication and sensing technologies advance,data streams have been continuously growing in size.To detect data which do not match expected patterns from such a large set of data,outlier detection methods have been being studied.As one of them,the MSD method,which extends a simple outlier detection method based on the Mahalanobis distance,has been proposed.It requires a larger computation time than the simple method,but it realizes more robust outlier detection.To ease the problem of large computation time,in this study,we propose a GPGPU implementation of the MSD method,and perform experimental
evaluations.In the MSD method,before calculating the Mahalanobis distance between the past and new data,the weights of some of the past data which are likely to be outliers are reduced in order to improve the robustness of the detection.In this study,we focus on a fact that it consists of independent processes of randomly generating multiple bases,and thus implement it so that these processes are executed in parallel.In experiments,we confirmed the effectiveness of our proposed implementation.
キーワード (和) 外れ値検出 / マハラノビス距離 / MSD法 / GPU / / / /  
(英) Outlier detection / Mahalanobis distance / MSD method / GPU / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 399, CPSY2015-115, pp. 37-42, 2016年1月.
資料番号 CPSY2015-115 
発行日 2016-01-12 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2015-83 CPSY2015-115 RECONF2015-65

研究会情報
研究会 VLD CPSY RECONF IPSJ-SLDM IPSJ-ARC  
開催期間 2016-01-19 - 2016-01-21 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio University 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2016-01-VLD-CPSY-RECONF-SLDM-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 外れ値検出に対するMSD法のGPU実装と実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GPGPU Implementation of the MSD Method for Outlier Detection and Its Experimental Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 外れ値検出 / Outlier detection  
キーワード(2)(和/英) マハラノビス距離 / Mahalanobis distance  
キーワード(3)(和/英) MSD法 / MSD method  
キーワード(4)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 翔太郎 / Shotaro Asano / アサノ ショウタロウ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲木 雅人 / Masato Inagi / イナギ マサト
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永山 忍 / Shinobu Nagayama / ナガヤマ シノブ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 真一 / Shin'ichi Wakabayashi / ワカバヤシ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-19 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2015-83,IEICE-CPSY2015-115,IEICE-RECONF2015-65 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.398(VLD), no.399(CPSY), no.400(RECONF) 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2016-01-12,IEICE-CPSY-2016-01-12,IEICE-RECONF-2016-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会