お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-18 11:50
Zigzag decodable噴水符号の復号反復回数の削減
野崎隆之山口大IT2015-52 SIP2015-66 RCS2015-284
抄録 (和) 噴水符号はインターネットにおけるマルチキャストの信頼性を向上させる消失訂正符号である.Zigzag decodable 噴水 (ZDF) 符号はピーリング復号法とジグザグ復号法を組み合わせた復号器によって高い復号性能を得ら れる噴水符号であるが,復号反復回数が大きいことがわかっている.一方,tree-structure expectation propagation (TEP) はピーリング復号法を拡張した二元消失通信路上の低密度パリティ検査符号に対する復号法である.本稿では TEP 復号法を ZDF 符号に適用できるよう拡張し,TEP 復号法とジグザグ復号法を組み合わせた復号法を提案する. 数値実験によって,提案する復号法が従来の復号法と比べ ZDF 符号に対する復号反復回数を削減できることを示す. 更に,提案する復号法の復号消失率は従来の復号法と同じであることを数値実験によって示す. 
(英) Fountain codes are erasure correcting codes realizing the reliable communication for the multicast in the Internet. Zigzag decodable fountain (ZDF) codes have good decoding performance with the decoder combined the peeling algorithm with the zigzag decoding (ZD) algorithm. However, the number of iterations of the decoder is greater than the decoder for the Raptor codes. The tree-structure expectation propagation (TEP) is a decoding algorithm for the low-density parity-check codes over the binary erasure channels and an extension of peeling algorithm. In this paper, we extend the TEP for the ZDF codes and propose a decoding algorithm combined the TEP with the ZD algorithm. Simulation results show that the proposed decoding algorithm reduces the number of decoding iterations as compared with the previous decoding algorithm. Moreover, simulation results show that the proposed decoding algorithm has the same decoding performance as the previous decoding algorithm.
キーワード (和) 噴水符号 / Zigzag decodable 符号化 / Tree-structure expectation propagation / / / / /  
(英) Fountain code / Zigzag decodable coding / tree-structure expectation propagation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 394, IT2015-52, pp. 25-30, 2016年1月.
資料番号 IT2015-52 
発行日 2016-01-11 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-52 SIP2015-66 RCS2015-284

研究会情報
研究会 RCS IT SIP  
開催期間 2016-01-18 - 2016-01-19 
開催地(和) 関西学院大学(大阪梅田) 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ. Osaka Umeda Campus 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, Learning, Mathematical Science, Communication Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-01-RCS-IT-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Zigzag decodable噴水符号の復号反復回数の削減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reduction of Decoding Iterations for Zigzag Decodable Fountain Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 噴水符号 / Fountain code  
キーワード(2)(和/英) Zigzag decodable 符号化 / Zigzag decodable coding  
キーワード(3)(和/英) Tree-structure expectation propagation / tree-structure expectation propagation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野崎 隆之 / Takayuki Nozaki / ノザキ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-18 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2015-52,IEICE-SIP2015-66,IEICE-RCS2015-284 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2016-01-11,IEICE-SIP-2016-01-11,IEICE-RCS-2016-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会