お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-18 13:00
ステガノグラフィを用いた高齢者のためのIoTシステム
脇山正博宮本 章北九州高専EMM2015-61
抄録 (和) 現在,少子高齢化に伴い独居老人の数が増加している.これにより遠方に住む高齢者の家族は高齢者の生活を心配し不安な生活を送っている.またIoT(Internet of Things)を用いたセンサネットワークから膨大なデータを収集,分析するような研究がある.本研究では,高齢者が家電等を扱う機会が増えているので,それにIoT技術を用いて遠隔地の家族が老人を見守る情報管理システムとして各種システムを提案する.今回の実験では電力データを用いて冷蔵庫の内容を埋め込みスマートフォンで閲覧できるシステムを作成した. 
(英) There is an increasing need for eldercare due to the declining birthrate and aging population in Japan. In concern for an old person’s health and wellbeing, families have a need to monitor their elderly. There is currently research about sensor network systems which use IoT (Internet of Things). The systems collect and analyze a variety of data from the big data. Taking these factors into consideration, we therefore propose a sensor network system using steganography that families can use to remotely monitor their elderly.
キーワード (和) ステガノグラフィ / 高齢者のサポート / IoTシステム / / / / /  
(英) Steganography / eldercare support / IoT system / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 397, EMM2015-61, pp. 1-6, 2016年1月.
資料番号 EMM2015-61 
発行日 2016-01-11 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2015-61

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2016-01-18 - 2016-01-19 
開催地(和) 東北大学片平キャンパス 
開催地(英) Katahira Campus, Tohoku University 
テーマ(和) 臨場感生成,ユニバーサルメディア,ディジタルエンタテインメン,一般 
テーマ(英) Sense of Presence, Universal Media, Digital Entertainment, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2016-01-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ステガノグラフィを用いた高齢者のためのIoTシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Eldercare Remote Support IoT System using Steganography 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステガノグラフィ / Steganography  
キーワード(2)(和/英) 高齢者のサポート / eldercare support  
キーワード(3)(和/英) IoTシステム / IoT system  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 脇山 正博 / Masahiro Wakiyama / ワキヤマ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 北九州工業高等専門学校 (略称: 北九州高専)
National Institute of Technology, Kitakyushu College (略称: NITKIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 章 / Akira Miyamoto / ミヤモト アキラ
第2著者 所属(和/英) 北九州工業高等専門学校 (略称: 北九州高専)
National Institute of Technology, Kitakyushu College (略称: NITKIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-18 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2015-61 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.397 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2016-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会