電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-15 10:55
[チュートリアル講演]レイトレース法の適用範囲と応用
吉敷由起子構造計画研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電波伝搬特性を評価する方法としてレイトレース法によるシミュレーション解析が主流となってきている.レイトレース法の特徴を知らずに様々な場面で適用すると大きな誤差が発生する場合がある.トンネル,ストリートセル環境,電波暗室に関するレイトレース法の適用範囲および拡張レイトレース法の解析結果の報告を整理する. 
(英) Ray tracing method is now becoming a major method to evaluate radiowave propagation properties.
Without knowing the limitations of ray tracing, large errors may occur when it is blindly applied in various scenarios.
This report discusses the applicable range of ray tracing method and
summarizes analyses using an expanded ray tracing method for tunnel, street cell and anechoic chamber environment.
キーワード (和) レイトレース法 / 物理光学積分 / トンネル / ストリートセル環境 / 電波暗室 / / /  
(英) ray tracing / physical optics / tunnel / street microcell environment / anechoic chamber / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 390, AP2015-180, pp. 71-76, 2016年1月.
資料番号 AP2015-180 
発行日 2016-01-07 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2016-01-14 - 2016-01-15 
開催地(和) 拓殖大 八王子キャンパス 
開催地(英) Takushoku University, Hachiouji Campus 
テーマ(和) 一般、企業特集 
テーマ(英) Antenna and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レイトレース法の適用範囲と応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applicable Range of Ray Tracing Method and Its Utilizations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レイトレース法 / ray tracing  
キーワード(2)(和/英) 物理光学積分 / physical optics  
キーワード(3)(和/英) トンネル / tunnel  
キーワード(4)(和/英) ストリートセル環境 / street microcell environment  
キーワード(5)(和/英) 電波暗室 / anechoic chamber  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉敷 由起子 / Yukiko Kishiki / キシキ ユキコ
第1著者 所属(和/英) 株式会社構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
Kozo Keikaku Engineering Inc. (略称: KKE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-15 10:55:00 
発表時間 50 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2015-180 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-01-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会