お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-21 15:10
細く長い複合曲げ振動溶接チップ,複合振動検出器および静加圧力制御を用いた超音波複合振動溶接 ~ 狭く深い溶接部の超音波複合振動溶接について ~
辻野次郎丸神奈川大/アサヒ・イー・エム・エスUS2015-78
抄録 (和) リチウムイオン・バッテリー, コンデンサ等の電子部品の電極と部品容器内の底部の溶接には現在,細長い電極を用いた電気抵抗溶接またはレーザ溶接が用いられており,スパーク等により金属粒子が飛散し不良の原因となるため極めて不十分な溶接しか行えない現状にある.タングステン,超硬合金を用いた直径 2 mm および3 mm,長さ 70 から 100 mm程度の円形から楕円軌跡で振動する複合曲げ振動溶接チップを用いた19.5 および 27 kHz の斜めスリット複合振動変換器を用いた超音波複合振動溶接装置を用いることにより,厚さ 0.2 mm,幅 3 mm 程度のニッケルクラッド銅電極,銅電極等の容器内底部での溶接が可能である.
複合曲げ振動溶接チップの設置・交換が容易にするために半波長の曲げ振動共振ホルダーに焼き填めで曲げ振動棒を接合し用いることにより接合ねじにより交換が容易となる.共振型ホルダー部およびホルダーと超硬合金チップの接合により2~3程度の速度変成比が得られる.更に複合振動溶接チップ用の振動速度検出器を開発し, 更に静加圧力および振動速度を制御することにより安定で良好な溶接が実現できることを示した. 
(英) Ultrasonic welding could not been applied for deep and narrow parts positioned at long distance from the vibration system. Usually, electric resistance or laser welding was used to weld such part, but there are possible fatal defect caused by sparked metal particles. To join such deep area, 19.5 kHz and 27 kHz ultrasonic complex vibration systems using a long welding tip of 2.0- and 3.0-mm-diameter vibrating in circular to elliptical locus were developed. To measure the vibration amplitude of complex transverse vibration welding tip, magnetic complex vibration velocity detector was developed.
The developed magnetic complex transverse vibration velocity detector consisted of a ferrite ring magnet, two detecting ring coils and a parallel resonance capacitor and the vibration detecting sensitivity was about 0.8 V /micrometer for hard metal welding tip.
To improve welding characteristics furthermore, static pressure and vibration amplitude control system were developed.
キーワード (和) 超音波複合振動溶接 / 深く狭い場所の溶接 / 超硬合金複合曲げ振動溶接チップ / リチウムイオン・バッテリー電極端子の溶接 / 積層した多数の電極箔の溶接 / 電磁型複合振動検出器 / 静加圧力および振動振幅制御装置 /  
(英) Ultrasonic complex vibration welding / Welding of deep and narrow positions / Hard metal complex transverse vibration welding tip / Welding of Li-ion battery terminals / Welding of lapped thin foil electrodes / Magnetic complex vibration velocity detector / tatic clamping force and vibration amplitude control system /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 385, US2015-78, pp. 23-28, 2015年12月.
資料番号 US2015-78 
発行日 2015-12-14 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2015-78

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2015-12-21 - 2015-12-21 
開催地(和) 日本大学理工学部 駿河台キャンパス 
開催地(英) Surugadai Campus, Nihon University 
テーマ(和) 強力超音波,一般
(共催:日本塑性加工学会超音波応用加工分科会) 
テーマ(英) High Power Ultrasound, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2015-12-US 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 細く長い複合曲げ振動溶接チップ,複合振動検出器および静加圧力制御を用いた超音波複合振動溶接 
サブタイトル(和) 狭く深い溶接部の超音波複合振動溶接について 
タイトル(英) Ultrasonic Welding Using a Long and Thin Complex Transverse Vibration Welding Tip with Vibration Detector and Static Pressure Controller 
サブタイトル(英) Ultrasonic Complex Vibration Welding of Deep and Narrow Positions 
キーワード(1)(和/英) 超音波複合振動溶接 / Ultrasonic complex vibration welding  
キーワード(2)(和/英) 深く狭い場所の溶接 / Welding of deep and narrow positions  
キーワード(3)(和/英) 超硬合金複合曲げ振動溶接チップ / Hard metal complex transverse vibration welding tip  
キーワード(4)(和/英) リチウムイオン・バッテリー電極端子の溶接 / Welding of Li-ion battery terminals  
キーワード(5)(和/英) 積層した多数の電極箔の溶接 / Welding of lapped thin foil electrodes  
キーワード(6)(和/英) 電磁型複合振動検出器 / Magnetic complex vibration velocity detector  
キーワード(7)(和/英) 静加圧力および振動振幅制御装置 / tatic clamping force and vibration amplitude control system  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻野 次郎丸 / Jiromaru Tsujino / ツジノ ジロウマル
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学/株式会社アサヒ・イー・エム・エス (略称: 神奈川大/アサヒ・イー・エム・エス)
Kanagawa University/ Asahi EMS Co.Ltd (略称: Kanagawa Univ./ Asahi EMS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-21 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2015-78 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.385 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2015-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会