電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-21 10:00
画像信頼度の反復推定に基づく概念間類似度の算出
長澤優佑中村和晃馬場口 登阪大PRMU2015-101
抄録 (和) 近年,画像検索の高度化などを目的に,任意の概念間の類似度や関係性を定量化しようという手法が種々検討されており,中でもweb上に大量に存在する,タグが複数付与された画像例を用いた手法は特に多く研究されている.
この手法には多数の概念を扱うことができるという利点があるが,画像が内包している情報とかけ離れたタグが付与されている画像(本稿ではこれを``ジャンク画像''と呼ぶ)の影響を受けやすいという欠点がある.
一方,これらの画像に付与されているタグ間の関係性を用いることで,ウェブ上にある大量の画像からジャンク画像を推定する研究もなされている.
このことから,概念間の類似度の算出とジャンク画像の推定には相補的な関係があると考えられる.そこで本稿では,ジャンク画像らしさに関する指標として画像の``信頼度''を導入し,(a)画像信頼度に基づく概念間類似度の算出と,(b)算出した概念間の類似度に基づく画像信頼度の更新を反復的に実行することで,ジャンク画像の影響を考慮した妥当な概念間類似度の算出を目指す.実験の結果,ジャンク画像推定において提案手法が良好な結果を示した. 
(英) Recently, methods for inter-concept similarity measurement (ICSM) have been actively studied.
Especially, ICSM methods using a large number of web-images annotated with text-tags have attracted many researchers' attention, because of the advantage that they can handle diverse concepts.
However, most of the image-based ICSM methods suffer from the problem of ``junk images'', which have several tags unrelated to the image content.
It is important to for achieving a good ICSM method to remove the junk images.
On the other hand, methods of junk image removal from a set of web-images have also been studied widely. Some of them are based on the semantic relationships between text-tags.
This indicates that ICSM and junk image removal can complement each other. Based on this notion, in this paper, we introduce ``image reliability'', which quantifies how likely the image is non-junk image, and propose a novel ICSM method that iteratively performs the following two steps: (a) estimating image reliability for each image using a result of ICSM and (b) measuring inter-concept similarity based on the estimated image reliability.
Experimental results show the superiority of our method over the non-iterative method of junk image removal.
キーワード (和) 概念間類似度 / 画像特徴 / 画像信頼度 / ジャンク画像 / / / /  
(英) inter-concept similarity / visual features / image reliability / junk images / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 388, PRMU2015-101, pp. 7-12, 2015年12月.
資料番号 PRMU2015-101 
発行日 2015-12-14 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2015-101

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2015-12-21 - 2015-12-22 
開催地(和) 信州大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 基礎,サーベイ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2015-12-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像信頼度の反復推定に基づく概念間類似度の算出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measuring Semantic Similarity between Concepts based on Iterative Estimation of Image Reliability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 概念間類似度 / inter-concept similarity  
キーワード(2)(和/英) 画像特徴 / visual features  
キーワード(3)(和/英) 画像信頼度 / image reliability  
キーワード(4)(和/英) ジャンク画像 / junk images  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長澤 優佑 / Yusuke Nagasawa / ナガサワ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 和晃 / Kazuaki Nakamura / ナカムラ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場口 登 / Noboru Babaguchi / ババグチ ノボル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-21 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2015-101 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.388 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2015-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会