お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 13:45
分散ストレージシステムContent Espressoを用いたライブレンダリングを可能とする広域分散レンダリングシステムの設計と実装
山岸拓郎佐野岳史安藤大佑寺岡文男金子晋丈慶大IN2015-89
抄録 (和) 近年,レンダリング処理の負荷は映像の高精細化に伴い非常に大きくなっているため,レンダリング処理はフレーム単位で分散処理することが一般的である.レンダリングファームを用いて分散レンダリングすることでレンダリング演算の高速化がされている.しかしながら,ストレージに全てのレンダリングノードからの要求が集中するため,このストレージがボトルネックとなりうる.そこで我々は分散ストレージシステムContent Espressoを用いて,ライブレンダリングが可能な広域レンダリングシステムの設計と実装をした.評価として,開発したレンダリングシステムとストレージ間のネットワーク状況を変え,レンダリング処理時間を計測し,ストレージにNFSを使用したものと比較を行い,Content Espressoを利用する有効性について確認した.また,開発したレンダリングシステムで非圧縮FullHDフレームレート30の映像のライブレンダリングが達成可能であること示した. 
(英) As video become higher resolution, rendering is higher load. In order to high quality rendering, we use a large number of computation nodes for distributed rendering called cloud rendering. Storage of cloud rendering receives a large number of requests, so the storage can be bottleneck. We designed and implemented a widely distributed rendering system that utilizes Content Espresso for the storage targeting to use for live rendering. The evaluation shows that it is possible to render uncompressed FullHD 30fps video in real time.
キーワード (和) クラウドレンダリング / 分散処理 / / / / / /  
(英) Cloud Rendering / distributed processing / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 370, IN2015-89, pp. 107-112, 2015年12月.
資料番号 IN2015-89 
発行日 2015-12-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-89

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散ストレージシステムContent Espressoを用いたライブレンダリングを可能とする広域分散レンダリングシステムの設計と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Widely Distributed Rendering System using Content Espresso 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドレンダリング / Cloud Rendering  
キーワード(2)(和/英) 分散処理 / distributed processing  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 拓郎 / Takuro Yamagishi / ヤマギシ タクロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 岳史 / Takeshi Sano / サノ タケシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 大佑 / Daisuke Ando / アンドウ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺岡 文男 / Fumio Teraoka / テラオカ フミオ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 晋丈 / Kunitake Kaneko / カネコ クニタケ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-89 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会