お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 13:00
熱伝達向上を目的としたヒートシンクの開発
富山真一都立産技研センターDC2015-73
抄録 (和) 電子機器の放熱技術は,機器の性能,安全性,寿命を確保する上で重要である.放熱技術の1つとして,ヒートシンクとファンから排気される風を活用する強制空冷が広く用いられている.しかし,ヒートシンク底面部や発熱部品周辺は風速が遅いため,放熱不足が解決できない可能性がある.そこで我々は,風速が遅い箇所の風速を速めるヒートシンクを開発し,この問題の解決を試みた.開発したヒートシンクを発熱部品に実装し,温度測定を行った結果,従来形状よりも発熱部品の温度上昇を3–11%抑制することが可能となった.本稿では,我々が提案したヒートシンクの設計方針について報告する. 
(英) The heat release system is important for assuring performance, safety, and life of electronic devices. A heat sink and a forced air cooling system using fan is one of the heat release system. However bottom of a heat sink and surround electronic devices is low wind speed. So this system cannot solve the heat release problems in electronic devices. We developed a heat sink for speed up wind velocity of bottom of a heat sink and surround electronic devices. The result of temperature measurement, The proposed method suppressed the temperature rise of electronic devices of 3–11% than the conventional method. In this paper, We proposed heat sink about design policy.
キーワード (和) ヒートシンク / 強制空冷 / 放熱促進 / 熱流シミュレーション / / / /  
(英) Heat sink / Forced air cooling / Radiation Performance / Thermal-Flow Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 382, DC2015-73, pp. 1-4, 2015年12月.
資料番号 DC2015-73 
発行日 2015-12-11 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2015-73

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2015-12-18 - 2015-12-18 
開催地(和) クリエート村上(村上市) 
開催地(英) Kurieito Mulakami (Murakami City) 
テーマ(和) 安全性・一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2015-12-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 熱伝達向上を目的としたヒートシンクの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of the Geometry of a Heat sink for Improving Heat Transfer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヒートシンク / Heat sink  
キーワード(2)(和/英) 強制空冷 / Forced air cooling  
キーワード(3)(和/英) 放熱促進 / Radiation Performance  
キーワード(4)(和/英) 熱流シミュレーション / Thermal-Flow Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富山 真一 / Shinichi Tomiyama / トミヤマ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 東京都立産業技術研究センター (略称: 都立産技研センター)
Tokyo Metropolitan Technology Research Institute (略称: TIRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2015-73 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.382 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-DC-2015-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会