お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 14:10
NetInfによる複数のM2Mサービスのためのセンサネットワーク実現方式
改田高大永井翔平水野 修工学院大IN2015-90
抄録 (和) センサ同士が自律的に通信し,サービスを実行するM2Mサービスが普及している.M2Mサービスにおいては,サービスごとに個別にセンサネットワークを構築する必要がある.そのため,我々は複数のM2Mサービスを一つのセンサネットワークで実現するために,情報指向ネットワークの一種であるNetInfをセンサネットワークに適用することを提案してきた. NetInfではデータのID,を位置情報に変換する名前解決の方法として,NRS(Name Resolution Service)を用いた方式とデータIDのルーティングテーブルを用いた方式が考案されている.ここで私たちは,センサネットワークにNetInfを適用する際に適した名前解決方式を決定し,センサネットワークにおけるNetInfの実現方式を提案する. 
(英) M2M services which collect a variety of data by sensor network are expected. It is necessary to construct a sensor network separately for each service. Therefore, we proposed that sensor network platform applied for NetInf which is a kind of information centric network, to provide multiple M2M services. By applying NetInf in the sensor network, a sink node can be performed to obtain data without managing position of sensors upon implementation of services. NetInf has two name resolution methods to map data ID to data location. One method uses the routing table of data ID. Other method uses NRS (Name Resolution Method). We discuss the resolution method that is suitable for the sensor network platform. And we propose the realization method of NetInf in sensor networks.
キーワード (和) センサネットワーク / M2Mサービス / 情報指向型ネットワーク / NetInf / / / /  
(英) Sensor network / M2M service / ICN / NetInf / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 370, IN2015-90, pp. 113-118, 2015年12月.
資料番号 IN2015-90 
発行日 2015-12-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-90

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NetInfによる複数のM2Mサービスのためのセンサネットワーク実現方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Implementation Method in Sensor Network applying NetInf for Multiple M2M services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Sensor network  
キーワード(2)(和/英) M2Mサービス / M2M service  
キーワード(3)(和/英) 情報指向型ネットワーク / ICN  
キーワード(4)(和/英) NetInf / NetInf  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 改田 高大 / Takahiro Kaida / カイダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 翔平 / Nagai Syouhei / ナガイ ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Mizuno Osamu / ミズノ オサム
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-90 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会