お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 17:00
自律分散制御鉄道信号システムにおけるアシュアランス技術の応用と効果について
川野 卓松本雅行JR東日本)・平尾裕司長岡技科大DC2015-84
抄録 (和) この論文は,自律分散制御方式を採用した鉄道信号システムにおけるアシュアランス技術の応用について述べている.アシュアランス技術は,あらゆる環境下において既存システムを停止させること無く新システムを共存させ,柔軟に適応させるための技術として知られている.
JR東日本は,首都圏の最混雑線区で稼働中の自律分散制御方式の列車制御システムである「D-ATC(Digital Automatic Train Control:デジタル方式の自動列車制御装置)」を導入するにあたり,このアシュアランス技術を採用した.これにより,D-ATCシステムの段階的構築(マイグレーション)や信頼性向上を実現し,鉄道信号システムの機能強化,ひいては鉄道経営自体に効果を及ぼすことが可能となった. 
(英) This paper discusses Assurance Technology and the application in railway signalling systems. It is known as a technology for the replacement of a system without stopping the system under various situations.
East Japan Railway Company adopted assurance technology on introducing D-ATC (Digital Automatic Train Control system) to the train control system operating in the most crowded lines of the Tokyo metropolitan area. It was not only able to contribute to step-by-step construction (migration) and to improving the reliability of the D-ATC, but was also effective in the enhancement of functionality of railway signalling which directly relates to railway business.
キーワード (和) アシュアランス / 自律分散 / 列車制御 / ATC / 信頼性 / / /  
(英) Assurance / Autonomous Decentralize / Train Control / ATC / Reliability / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 382, DC2015-84, pp. 57-63, 2015年12月.
資料番号 DC2015-84 
発行日 2015-12-11 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2015-84

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2015-12-18 - 2015-12-18 
開催地(和) クリエート村上(村上市) 
開催地(英) Kurieito Mulakami (Murakami City) 
テーマ(和) 安全性・一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2015-12-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律分散制御鉄道信号システムにおけるアシュアランス技術の応用と効果について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Assurance technology and its Application and effectiveness to autonomous decentralized railway signalling systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アシュアランス / Assurance  
キーワード(2)(和/英) 自律分散 / Autonomous Decentralize  
キーワード(3)(和/英) 列車制御 / Train Control  
キーワード(4)(和/英) ATC / ATC  
キーワード(5)(和/英) 信頼性 / Reliability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川野 卓 / Takashi Kawano / カワノ タカシ
第1著者 所属(和/英) 東日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR東日本)
East Japan Railway Company (略称: JR East)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 雅行 / Masayuki Matsumoto / マツモト マサユキ
第2著者 所属(和/英) 東日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR東日本)
East Japan Railway Company (略称: JR East)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平尾 裕司 / Yuji Hirao /
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 17:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2015-84 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.382 
ページ範囲 pp.57-63 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-DC-2015-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会