お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 14:35
ネットワークトポロジの柔軟な変更のための速度可変落下無線センサノード
西野 豊藤川太郎桧垣博章東京電機大IN2015-91
抄録 (和) 無線マルチホップネットワークでは, 無線ノードの移動によりネットワークトポロジが変化し, 配送遅延や信頼性, 衝突発生率等が改善/悪化する.
実行されるネットワークアプリケーションが要求する性質, 性能を備えた無線マルチホップネットワークが提供できるように, 無線ノードが適切に移動できることが望まれる.
無線ノードの移動には, 重力や空気抵抗, 水流による推進力等を活用することで, 動力を備えることなく移動速度を変更することができる.
落下や漂流によって移動する無線ノード群では, 無線ノードの形状変更によって他の無線ノードとの相対速度を変更することでネットワークトポロジを変更することができる.
本論文では, これを実現するプロペラ型落下無線センサノードを試作する.
プロペラ回転を許可/禁止することで, 落下速度を減少/増加させることが可能である. 
(英) In wireless multihop networks, network topology is modified due to mobility of wireless nodes.
This reads to improvement or degradation of network performance and some desirable properties.
In order to provide highly performing wireless multihop networks to available network applications, mobile nodes are required to move properly.
Without motors and required battery power consumption, it is possible for wireless nodes to move autonomously by gravitation, air resistance and propulsion power by running water.
Falling and floating wireless nodes can modify their relative mobility speed by changing their shapes; this leads to the modification of the network topology.
In this paper, we show our prototype of falling wireless nodes with propellers.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / トポロジ制御 / 落下無線ノード / / / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / Topology Control / Falling Wireless Nodes / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 370, IN2015-91, pp. 119-124, 2015年12月.
資料番号 IN2015-91 
発行日 2015-12-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-91

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークトポロジの柔軟な変更のための速度可変落下無線センサノード 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Variable Speed Falling Sensor Nodes for Wireless Multihop Sensor Networks with Flexible Topology Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) トポロジ制御 / Topology Control  
キーワード(3)(和/英) 落下無線ノード / Falling Wireless Nodes  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 豊 / Yutaka Nishino / ニシノ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 太郎 / Taro Fujikawa / フジカワ タロウ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki / ヒガキ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-91 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会