お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 10:25
伝導ノイズ電流予測のためのグラウンドプレーンの集中定数モデル
小島 崇細川秀記高橋篤弘服部佳晋豊田中研)・加藤輝明好士直樹芝野大軌アイシン精機EMCJ2015-91
抄録 (和) 車載モータおよびその駆動ECUのノイズ評価系のコモンモード伝導ノイズ電流を回路シミュレーションで定量予測することが望まれている.今回,グラウンドプレーン(GP)と多線のより線からなる配線の回路シミュレーションモデルとその回路定数の決定法を提案する.本報ではGP上の電流経路を集中定数回路で表現した.その検証のため,ノイズ評価系を簡素化した検証用の測定系を構築し,GP上の電流経路に相当する自己インダクタンス,他の配線の自己インダクタンス,およびそれらの相互インダクタンスをモデル化した.そのモデルを用いて,検証用の回路のノイズ電流を実測とシミュレーションとで比較したところ,差が1 dB以内であり,提案モデルがノイズ電流予測に有効であることを確認した. 
(英) We proposed a lumped element circuit model of the ground plane (GP) and twisted wires mounted on the conducted noise evaluation system for an in-vehicle motor and its ECU. We estimated that the current path of the GP can be expressed by inductance branches. The simplified circuit which simulates the conducted noise evaluation system was built for verifying the circuit model of GP. The GP and wires which are components of the noise evaluation system were modeled by combinations of self-inductance and mutual inductance. The noise current simulation was performed using the model. As a result, the difference between the measurement result and the simulation result was within 1 dB.
キーワード (和) 伝導ノイズ / コモンモード / 等価回路 / グラウンドプレーン / / / /  
(英) Conducted Emissions / Common-mode / Equivalent circuit / Ground plane / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 377, EMCJ2015-91, pp. 7-12, 2015年12月.
資料番号 EMCJ2015-91 
発行日 2015-12-11 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2015-91

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2015-12-18 - 2015-12-18 
開催地(和) 豊田中央研究所 
開催地(英) TOYOTA CENTRAL R&D LABS., INC. 
テーマ(和) 電力,EMC一般 
テーマ(英) Power electronics, EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2015-12-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 伝導ノイズ電流予測のためのグラウンドプレーンの集中定数モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Lumped Parameter Model of a Ground Plane for Estimation of Conducted Emissions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 伝導ノイズ / Conducted Emissions  
キーワード(2)(和/英) コモンモード / Common-mode  
キーワード(3)(和/英) 等価回路 / Equivalent circuit  
キーワード(4)(和/英) グラウンドプレーン / Ground plane  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 崇 / Takashi Kojima / コジマ タカシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 細川 秀記 / Hideki Hosokawa / ホソカワ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 篤弘 / Atsuhiro Takahashi / タカハシ アツヒロ
第3著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 佳晋 / Yoshiyuki Hattori / ハットリ ヨシユキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 輝明 / Teruaki Kato / カトウ テルアキ
第5著者 所属(和/英) アイシン精機株式会社 (略称: アイシン精機)
Aisin Seiki Co., Ltd. (略称: Aisin Seiki)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 好士 直樹 / Naoki Koshi / コウシ ナオキ
第6著者 所属(和/英) アイシン精機株式会社 (略称: アイシン精機)
Aisin Seiki Co., Ltd. (略称: Aisin Seiki)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝野 大軌 / Taiki Shibano / シバノ タイキ
第7著者 所属(和/英) アイシン精機株式会社 (略称: アイシン精機)
Aisin Seiki Co., Ltd. (略称: Aisin Seiki)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 10:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2015-91 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.377 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2015-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会