お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 15:35
コンテンツセントリックネットワークにおけるプライバシー問題を考慮したコンテンツ要求方式
永井翔平改田高大水野 修工学院大IN2015-93
抄録 (和) スマートフォンやタブレットPCなどの高機能携帯端末の登場によって,年々コンテンツ配信によるトラフィックが増加し続けている.これに伴い,現在のコンテンツ配信に重点が置かれるネットワークの使用方法が,当初IPネットワークの想定していた使用方法であるメッセージ送達と異なってきている.そこでコンテンツ配信に適した新世代ネットワークとしてコンテンツセントリックネットワーク(CCN)が注目されている.
CCNでは,ネットワークに存在する全てのコンテンツに対して固有のIDが割り当てられる.そのため通信経路でパケット盗聴が行われるとユーザと攻撃者の位置関係によっては,特定のユーザが関心を持っているコンテンツが判明することになり,プライバシー問題が発生することが考えられる.
本報告では特定のユーザが送出した要求であると判明した場合においても,そのユーザが要求したコンテンツが判明しないコンテンツ通信方式を提案する. 
(英) Internet traffic is increasing annually by appearing high performance mobile network, smart phones and tablet PCs. This traffic rising is caused by not only message transfer, but also contents delivery. To provide suitable contents delivery, new network architectures are proposed. Content Centric Network (CCN) attracts attention as a new generation network for content delivery.
In CCN, all contents data have unique ID called the content ID. Therefore, it is afraid that profiles of a user who interests some contents become clear to malicious person by packet sniffing in communication paths.
In this paper,we proposes the content request method to become unclear which contents are requested, even if user requests for them became clear.
キーワード (和) セキュリティ / コンテンツセントリックネットワーク / プライバシー / / / / /  
(英) Security / Content Centric Network / Privacy / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 370, IN2015-93, pp. 131-136, 2015年12月.
資料番号 IN2015-93 
発行日 2015-12-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-93

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツセントリックネットワークにおけるプライバシー問題を考慮したコンテンツ要求方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Content Request Method Against Privacy Leakage in Content Centric Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(2)(和/英) コンテンツセントリックネットワーク / Content Centric Network  
キーワード(3)(和/英) プライバシー / Privacy  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 翔平 / Shohei Nagai / ナガイ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 改田 高大 / Takahiro Kaida / カイダ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-93 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会