電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 02:30
全周映像を用いたグループワーク振り返り支援システムRONGの基礎検討
梶原善之福嶋政期会田大也苗村 健東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) グループワークや会議などにおいて議論の様子を映像として記録し,振り返りに利用することが広く行われている.議論の過程を詳細に振り返るために,卓上に設置した全周カメラを用いてメンバの視線や表情の変化を記録する手法が近年数多く提案されているが,振り返りの際に1台のディスプレイで全周映像を表示すると空間的な関係が損なわれてしまうことや,前回の議論の映像を見返す時間がかかりすぎるという課題がある.そこで我々はRONG (Round-table viewing of Omni-directional video for eNcouraging Groupwork)を提案する.RONGは,個人のタブレットやPCのディスプレイを回転させ参加者に見せるようにし,それらに全周映像を空間的に展開して再生するシステムである.またボタンや音声を用いて議論の重要な場面を映像としてダイジェスト化するものである.本稿ではRONGを大学のグループワーク講義で実践利用した結果を報告する. 
(英) In groupwork and meetings, it is important to record and reflect arguments efficiently using video. While an omni-directional video is suitable for recording all the information(e.g. environment, eye gaze, and finger point) in the meeting, spatial relationship is lost when omni-directional video is displayed in a single display. Also, it costs too much time to watch full length of the video. Then we propose RONG (Round-table viewing of an Omni-directional video for eNcouraging Groupwork). RONG enables to play the omni-directional video keeping spatial relationship by showing respective personal displays to each other. The omni-directional video is summarized based on the information of “Naruhodo Button” and sounds of conversation. In this paper, we propose RONG and verify the usability in a practical user study.
キーワード (和) グループワーク / 会議 / 協調作業 / 振り返り / ダイジェスト / 要約 / 全周映像 /  
(英) groupwork / meeting / cooperative work / reflection / digest / summary / omni-directional video /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2015-12-16 - 2015-12-18 
開催地(和) 富山国際会議場 
開催地(英) Toyama International Conference Center 
テーマ(和) HCGシンポジウム2015 ―伸縮自在のコミュニケーション― 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2015-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全周映像を用いたグループワーク振り返り支援システムRONGの基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A System for Groupwork Reflection Using Omni-directional Video 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グループワーク / groupwork  
キーワード(2)(和/英) 会議 / meeting  
キーワード(3)(和/英) 協調作業 / cooperative work  
キーワード(4)(和/英) 振り返り / reflection  
キーワード(5)(和/英) ダイジェスト / digest  
キーワード(6)(和/英) 要約 / summary  
キーワード(7)(和/英) 全周映像 / omni-directional video  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶原 善之 / Yoshiyuki Kajiwara / カジワラ ヨシユキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 政期 / Shogo Fukushima / フクシマ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 大也 / Daiya Aida / アイダ ダイヤ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura / ナエムラ タケシ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 02:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会