電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-18 09:20
Wi-Fiログデータに基づく滞在時間を考慮したブースと来場者の特徴分析
清弘晃史丸田雅貴峯 恒憲九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年ではスマートデバイスの普及により,Wi-Fi機器等の接続情報を用いることでユーザの位置情報などのログデータが取られ,それらを分析することによりマーケティングへの活用が可能になった.本研究の最終目的は,大規模展示会のWi-Fiログデータの滞在時間を考慮することで来場者が真に興味をもったブースの人気度,つまり展示会来場者の特徴を発見し,展示企業の今後の戦略や訪問者への情報推薦などへと応用とすることであり,今回はその事前調査として,訪問数と滞在時間を考慮することで上位に出現するブースにどのような特徴の差異が現れるかの調査を行った.
データから滞在時間と滞在ブースを算出し,スタッフや機材といったログデータを除外する.訪問者の多いブースや滞在時間の大きいブースががどう分布し,どういったカテゴリに割り振られているかを観察し,訪問数,滞在時間,面積を考慮した場合での展示会来場者の興味や特徴を分析を行った結果について報告する. 
(英) With the spread of smart devices, user location data can easily be captured by using Wi-Fi devices and results of analyzing the location data can be used for marketing. Finding popular booths is useful for creating a future strategy and making a new recommendation service for the marketing. Since the popularity of the booths strongly depends on interests of exhibition visitors, we investigated the visitor interests considering not only the number of visitors, but also their staying time at each booth. In this paper, we report characteristics of the top 15 booths according to the relation between the number of visitors and their staying time at each booth. We first distinguished visitors from staffs and devices in the time-series location data we used, and investigated the placement and categories of the top 15 booths, where the booths were selected according to the number of visitors, their staying time, and the area of each booth.
キーワード (和) ビッグデータ / Wi-Fiログデータ / 滞在時間 / 興味判定 / 展示会 / / /  
(英) Big Data / Wi-Fi log data / Residence time / Interest determination / Exhibition / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 381, AI2015-27, pp. 7-12, 2015年12月.
資料番号 AI2015-27 
発行日 2015-12-11 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2015-12-18 - 2015-12-19 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英)  
テーマ(和) 「コンテキストを意識した知識の利用」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2015-12-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Wi-Fiログデータに基づく滞在時間を考慮したブースと来場者の特徴分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Booth and visitors feature analysis of considering the residence time based on Wi-Fi log data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビッグデータ / Big Data  
キーワード(2)(和/英) Wi-Fiログデータ / Wi-Fi log data  
キーワード(3)(和/英) 滞在時間 / Residence time  
キーワード(4)(和/英) 興味判定 / Interest determination  
キーワード(5)(和/英) 展示会 / Exhibition  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清弘 晃史 / Akifumi Kiyohiro / キヨヒロ アキフミ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 雅貴 / Masaki Maruta / マルタ マサキ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯 恒憲 / Tsunenori Mine / ミネ ツネノリ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-18 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2015-27 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.381 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2015-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会