お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-17 17:35
局所的負荷の広範囲分散を実現する二次元連鎖的フロー再配置モデルと性能評価
川上俊雄東工大)・古閑宏幸北九州市大)・飯田勝吉東工大IA2015-77
抄録 (和) モバイルトラフィックの爆発的増大に対するインフラ増強に頼らない対策が求められている。特に局所的な高負荷を適切に収容する必要がある。そこで本研究では、高負荷エリアの周辺にある空き容量を間接的に利用する二次元連鎖的フロー再配置モデルを提案する。提案モデルは、複数セルのオーバラップエリアにあるフローを隣のセルに接続を替えさせ、出来た空き容量を使って新規フローを収容する。そのようなフローの接続替えを連鎖的に行うことで負荷の広範囲分散を目指す。しかし、フローの接続替えは一時的な通信の接続断を伴うため通信品質の低下を引き起こす。そのため、フローの収容効率向上とフローの接続替え回数の低減双方の実現を目指す。 
(英) A countermeasure is required to deal with explosive growth of mobile traffic, which is frequently spacial imbalanced, without enhancing infrastructure itself. In this paper, we propose a two-dimensional flow reallocation chaining model which indirectly uses spare capacity located around highly loaded area. The proposed model recursively changes the connected AP of flows located at cell-overlapped area to create spare capacity for newly arrived flows. However, changing of connected AP causes the communication quality degradation. We therefore aim not only to improve the efficiency of flow accommodations but also to maintain the number of changes in connected AP.
キーワード (和) 局所的負荷 / ネットワーク収容効率 / フロー再配置 / 連鎖的フロー再配置モデル / 性能評価 / / /  
(英) Spatial imbalanced traffic / efficient distribution / flow reallocation / flow reallocation chaining model / performance evaluation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 371, IA2015-77, pp. 49-52, 2015年12月.
資料番号 IA2015-77 
発行日 2015-12-10 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2015-77

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2015-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所的負荷の広範囲分散を実現する二次元連鎖的フロー再配置モデルと性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spacial Distribution of Imbalanced Traffic based on Two-dimensional Flow Reallocation Chaining Model and its Performance Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 局所的負荷 / Spatial imbalanced traffic  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク収容効率 / efficient distribution  
キーワード(3)(和/英) フロー再配置 / flow reallocation  
キーワード(4)(和/英) 連鎖的フロー再配置モデル / flow reallocation chaining model  
キーワード(5)(和/英) 性能評価 / performance evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川上 俊雄 / Toshio Kawakami / カワカミ トシオ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
tokyo institute of technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古閑 宏幸 / Hiroyuki Koga / コガ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 勝吉 / Katsuyoshi Iida / カツヨシ イイダ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
tokyo institute of technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-17 17:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2015-77 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.371 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IA-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会