電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-17 13:35
Brain Functional Connectivity Networkによる長期記憶と短期記憶の可視化
秋山暉佳山﨑敏正九工大)・山本宇彦副島英子城東高校
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) Brain Functional Connectivity Network (BFCN)とは,認知機能などに関連した脳領域間のつながりを可視化したものである.BFCNを利用したworking memoryに関連する従来研究は,短期記憶にとどまり,タスクは実験室レベルである.本研究では,男性健常者(16から21歳、右利き)に対して,英単語がディスプレイに表示された時のEEGを19chで計測した.いくつかの周波数帯について,英単語の意味が分かる/わからない場合で各電極間のSynchronization Likelihood (SL)を計算し,BFCNを別々に構築した.更に,途中,タスクとして学習過程を挿入し,学習の前後でのBFCNの違いを調べた.これらにより,長期記憶だけでなく短期記憶を含むBFCNを用いて可視化を試みた. 
(英) Brain Functional Connectivity Network (BFCN) is a visualization of connectivities between brain regions related to human cognitive function. The previous fMRI studies concerned with working memory had been limited to short-term memory and at a laboratory level. Our study focuses on college and senior high school students between the ages of 16 and 21, an important period for learning foreign languages, especially, English. In this study, 19-ch EEGs were measured and compared when the students could remember Japanese meanings of English words and could not. Then, Synchronization Likelihood (SL) as the connectivity between electrodes was calculated for a few frequency bands, and separate BFCNs were constructed for the two conditions. Moreover, in addition to the pre-training, the BFCNs were obtained from the EEGs recorded under post-training condition. Thus, we tried to visualize the BFCNs including not only long term memory but also short-term one.
キーワード (和) Brain Functional Connectivity Network / Synchronization Likelihood / 長期記憶 / 短期記憶 / Working Memory / / /  
(英) Brain Functional Connectivity Network / Synchronization Likelihood / Long-term Memory / Short-term Memory / Working Memory / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2015-12-16 - 2015-12-18 
開催地(和) 富山国際会議場 
開催地(英) Toyama International Conference Center 
テーマ(和) HCGシンポジウム2015 ―伸縮自在のコミュニケーション― 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2015-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Brain Functional Connectivity Networkによる長期記憶と短期記憶の可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of short-term and long-term memories by Brain Functional Connectivity Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Brain Functional Connectivity Network / Brain Functional Connectivity Network  
キーワード(2)(和/英) Synchronization Likelihood / Synchronization Likelihood  
キーワード(3)(和/英) 長期記憶 / Long-term Memory  
キーワード(4)(和/英) 短期記憶 / Short-term Memory  
キーワード(5)(和/英) Working Memory / Working Memory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 暉佳 / Akiyoshi Akiyama / アキヤマ アキヨシ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 敏正 / Toshimasa Yamazaki / ヤマザキ トシマサ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 宇彦 / Takahiko Yamamoto / ヤマモト ウヒコ
第3著者 所属(和/英) 福岡工業大学付属城東高等学校 (略称: 城東高校)
Fukuoka Jyoto High School (略称: FJH)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 副島 英子 / Eiko Soejima / フクシマ エイコ
第4著者 所属(和/英) 福岡工業大学付属城東高等学校 (略称: 城東高校)
Fukuoka Jyoto High School (略称: FJH)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-17 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会