電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-17 10:30
[ポスター講演]イメージセンサ型路車間可視光通信における擬似点滅パターン画像に基づいた劣化画像からの信号復調手法の一検討
大平祐生荒井伸太郎香川高専)・圓道知博長岡技科大)・何 迪上海交通大WBS2015-44 ITS2015-16 RCC2015-46
抄録 (和) 本研究では,送信機にLED信号機,受信機に車載高速度カメラを利用した高度道路交通システム(ITS)のためのイメージセンサ型路車間可視光通信システムに注目している.イメージセンサ型可視光通信では,送受信機間の距離等が原因で受信画像が劣化する問題がある.
受信画像が劣化した場合,受信画像から送信機LEDの状態(ON/OFF)を判別することが困難となり,信号復調に誤りが生じる.
この問題解決のため,本研究では劣化画像から正確な信号復調を行なうための手法の提案を行なう.
具体的には,送信機のLED点滅パターンを模した複数の擬似点滅パターン画像を受信機側で作成し,それらと受信したLED点滅画像との距離を求める.そして,求めた距離の中で最も短い距離を示した画像の擬似点滅パターンが送信されたLED点滅パターンと一致すると判定することで信号復調を行う.
シミュレーションにより性能を評価した結果,提案手法は従来の復調方式に比べ優れたBER特性を有する事を確認した. 
(英) In this study, we focus on the image-sensor-based visible light communication (VLC) for the intelligent transport system (ITS).
As one of disadvantages of the image-sensor-based VLC, this receiver suffers from the degradation of the captured image with increasing the communication distance.
In this case, it is difficult to correctly recover data because the captured image blurs owing to defocusing. To overcome this problem, we propose a novel demodulation method using blurred captured image to recover data correctly even if the captured image blurs seriously.
In the proposed method, we make pseudo blinking pattern images which are imitations of all LED blinking pattern of the transmitter.
The proposed method calculates a Euclidean distance of pixels between the original captured image and each pseudo blinking pattern image.
Finally, we choose the smallest distance from among all Euclidean distances and determine the received LED blinking pattern from the pseudo blinking pattern image corresponding to the smallest distance.
From the simulation results, we have confirmed that the proposed method improves the BER performance as compared with the conventional OOK method based on simple threshold processing.
キーワード (和) 可視光通信 / LED / イメージセンサ / ITS / 路車間可視光通信 / / /  
(英) Visible Light Communication (VLC) / LED / Image sensor / ITS / Infrastructure to Vehicle VLC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 365, ITS2015-16, pp. 31-35, 2015年12月.
資料番号 ITS2015-16 
発行日 2015-12-10 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2015-44 ITS2015-16 RCC2015-46

研究会情報
研究会 RCC ITS WBS  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術,ポスター講演及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication, etc. Poster Session. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2015-12-RCC-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イメージセンサ型路車間可視光通信における擬似点滅パターン画像に基づいた劣化画像からの信号復調手法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Signal Demodulation Method Based on Pseudo Blinking Pattern Image for Image-Sensor-Based Visible Light Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible Light Communication (VLC)  
キーワード(2)(和/英) LED / LED  
キーワード(3)(和/英) イメージセンサ / Image sensor  
キーワード(4)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(5)(和/英) 路車間可視光通信 / Infrastructure to Vehicle VLC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 祐生 / Yuki Ohira / オオヒラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 香川高等専門学校 (略称: 香川高専)
National Institute of Technology, Kagawa College (略称: NIT, Kagawa College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shintaro Arai / アライ シンタロウ
第2著者 所属(和/英) 香川高等専門学校 (略称: 香川高専)
National Institute of Technology, Kagawa College (略称: NIT, Kagawa College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 圓道 知博 / Tomohiro Yendo / エンドウ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 何 迪 / Di He /
第4著者 所属(和/英) 上海交通大学 (略称: 上海交通大)
Shanghai Jiao Tong University (略称: SJTU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-17 10:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2015-44,IEICE-ITS2015-16,IEICE-RCC2015-46 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.364(WBS), no.365(ITS), no.366(RCC) 
ページ範囲 pp.31-35 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2015-12-10,IEICE-ITS-2015-12-10,IEICE-RCC-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会