お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-17 10:45
間欠通信無線アドホックネットワークにおける配送遅延短縮手法
堀江 慎桧垣博章東京電機大IN2015-72
抄録 (和) 無線アドホックネットワークにおける無線ノードの省電力化を目的とした間欠通信手法であるIRDT(Intermittent Receiver-Driven Transmission)と無線ノードの移動に耐性を持つ位置ベースルーティングであるGEDIR(Geographic Distance Routing)との組み合わせにより, 省電力性と配送遅延の短縮とのトレードオフを実現するIRDT-GEDIRが提案されている.
ここでは, 中継無線ノードがデータメッセージを転送する隣接無線ノードの起動スケジュールは自律的に決定されるが, 隣接無線ノードが中継無線ノードの存在を検知し, 起動スケジュールを変更することで配送遅延を短縮することが可能である.
本論文では, IRDT-GEDIRを拡張し, 受信応答($mathit{Rack}$)メッセージとデータ応答($mathit{Dack}$)メッセージを隣接無線ノードが傍受することにより, 転送先無線ノードとなり得る場合には起動状態を維持することで配送遅延を短縮する手法を提案する.
さらに, 提案手法の適用機会を拡大するための受信応答メッセージ転送手法, 複数の隣接無線ノードの起動スケジュール変更によるポーリングメッセージの衝突を回避するための待機時間調整手法についても述べる. 
(英) For highly performing wireless ad-hoc networks, the authors have been proposed IRDT-GEDIR which is a combination of IRDT, an intermittent data message transmission protocol for low-power consumption in wireless nodes, and GEDIR, a mobility-tolerant location-based message-by-message ad-hoc routing.
It provides reasonable tradeoff between end-to-end transmission delay of data messages and battery power consumption.
Here, the active mode interval in each wireless node is autonomously determined by individual wireless node.
However, if each wireless node detects a neighbor intermediate wireless node holding data messages in transmission, their transmission delay can be reduced by modification of its activation schedule.
This paper proposes an extension of IRDT-GEDIR for reduction of message transmission delay.
Here, the neighbor wireless nodes of an intermediate wireless node with data messages in transmission keep their active mode since they overhear an $mathit{Rack}$ message transmitted by the intermediate wireless node.
After reception of the data messages in the intermediate wireless node, the neighbor wireless nodes broadcasts polling messages without an interval.
So shorter delay transmissions of data messages are achieved.
In addition, delegation of the next-hop wireless nodes by forwarding of the received $mathit{Rack}$ messages and introduction of dynamically determined interval for collision avoidance among multiple polling messages are also discussed.
キーワード (和) アドホック通信 / ルーティング / 間欠的通信 / 低電力消費 / 確率的アルゴリズム / / /  
(英) Wireless Ad-hoc Nerworks / Routing Protocol / Intermittent Communication / Low Power Consumption / Probabilistic Approach / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 370, IN2015-72, pp. 7-12, 2015年12月.
資料番号 IN2015-72 
発行日 2015-12-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-72

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 間欠通信無線アドホックネットワークにおける配送遅延短縮手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Delay Reduction in Intermittent Wireless Ad-Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホック通信 / Wireless Ad-hoc Nerworks  
キーワード(2)(和/英) ルーティング / Routing Protocol  
キーワード(3)(和/英) 間欠的通信 / Intermittent Communication  
キーワード(4)(和/英) 低電力消費 / Low Power Consumption  
キーワード(5)(和/英) 確率的アルゴリズム / Probabilistic Approach  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀江 慎 / Shin Horie / ホリエ シン
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki / ヒガキ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-17 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-72 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会