お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-17 17:35
減災情報ネットワークにおけるOpenFlowコントローラ冗長化方式
芳根 歩大割健史水野 修工学院大IN2015-82
抄録 (和) 震災時に円滑な通信を行うことを目的とし,減災情報ネットワークを構築している.しかし,防災訓練での運用結果より,既存の減災情報ネットワークでは震災発生後の初動対応の遅さが懸念される.そこで,平/災害時をシームレスに運用するため,新たにOpenFlowを用いた減災情報ネットワークのモデルを提案した.ここでは,OpenFlowコントローラが単一障害点になる恐れがあり,特に災害時においてコントローラ本体の被災や回線状況の悪化に対処する必要がある.本稿では,ネットワークの持続的運用を実現するため,OpenFlowコントローラの冗長化について検討した結果を報告する. 
(英) We proposed the Mitigation Information Network System to share mitigation information without using telecom infrastructure. However, from the operational results, the disaster mitigation information network needs to be quick initial response of the post-earthquake. Therefore, we proposed the new Mitigation Information Network System with OpenFlow to operate by switching network configurations at the time of normal and earthquake in seamless. However, OpenFlow Controller a single point of failure, it is necessary to particularly deal with the worsening of the disaster and the line status of the controller body in the event of a disaster. In this paper, we describe the results of studies for redundant OpenFlow Controller in order to achieve sustainable operation of the network.
キーワード (和) OpenFlow / 減災情報ネットワーク / 冗長化 / / / / /  
(英) OpenFlow / Disaster Information Network / Redundancy / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 370, IN2015-82, pp. 65-70, 2015年12月.
資料番号 IN2015-82 
発行日 2015-12-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-82

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 減災情報ネットワークにおけるOpenFlowコントローラ冗長化方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The redundancy scheme of OpenFlow controller for the disaster mitigation information network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(2)(和/英) 減災情報ネットワーク / Disaster Information Network  
キーワード(3)(和/英) 冗長化 / Redundancy  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芳根 歩 / Ayumu Yoshine / ヨシネ アユム
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大割 健史 / Takeshi Oowari / オオワリ タケシ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-17 17:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-82 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会