お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-17 16:10
多重シングルキャリア伝送方式による差動時空ブロック符号化のピーク抑圧特性に関する検討
中村洸貴久保博嗣立命館大WBS2015-67 ITS2015-39 RCC2015-69
抄録 (和) 本報告では,多重シングルキャリア (MSC) 伝送方式による差動時空ブロック符号化 (DSTBC) において問題となるピークファクタ (PAPR) の抑圧技術に関して論じる.MSC伝送方式はマルチキャリア伝送方式の一種であり,PAPRが大きいことが解決するべき課題となっている.本報告では,MSC-DSTBCに,既に提案されている適応ピーク電力抑圧方式を適用した場合のPAPR抑圧効果に関して検討する.まず,MSC-DSTBCのサブキャリア数とPAPRの関係を評価する.次に,計算機シミュレーションにより,MSC-DSTBCに関して,適応ピーク電力抑圧方式によるPAPR抑圧効果,帯域外放射特性,ビット誤り率 (BER) 特性を評価し,適応ピーク電力抑圧方式によりPAPRを5dB程度改善可能なことを明らかにする. 
(英) This paper discusses a technology to suppress a peak to average power ratio (PAPR) which causes problems to consider multiple single carrier (MSC) modulation scheme that transmits information using differential space-time-cording (DSTBC). MSC modulation scheme is one of multi-carrier the modulation schemes, which need to take measures on peak to average power ratio (PAPR). This paper discusses an effect of adaptive peak power reduction scheme (APPR) which can reduce PAPR on MSC-DSTBC modulation scheme. First, computer simulation shows that PAPR of MSC-DSTBC modulation scheme is highly dependent on PAPR as a function of the number of subcarriers. Next, computer simulation confirms that APPR with MSC -DSTBC modulation scheme can reduce PAPR, according to complementary cumulative distribution function (CCDF), characteristic of out-of-band radiation and bit error rate (BER). Finally, computer simulation confirms that APPR can suppress 5dB PAPR.
キーワード (和) 差動時空符号化 / マルチキャリア伝送方式 / ピークファクタ / ピーク抑圧技術 / ビット誤り率 / / /  
(英) Differential Space-Time Coding / Multi-Carrier Modulation Scheme / Peak to Average Power Ratio / Peak Supression Technologies / Bit Error Rate / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 364, WBS2015-67, pp. 157-162, 2015年12月.
資料番号 WBS2015-67 
発行日 2015-12-10 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2015-67 ITS2015-39 RCC2015-69

研究会情報
研究会 RCC ITS WBS  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術,ポスター講演及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication, etc. Poster Session. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2015-12-RCC-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多重シングルキャリア伝送方式による差動時空ブロック符号化のピーク抑圧特性に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Peak Power Reduction Performance of Differential Space-Time Block Coding Employing Multiple Single Carrier Modulation Scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動時空符号化 / Differential Space-Time Coding  
キーワード(2)(和/英) マルチキャリア伝送方式 / Multi-Carrier Modulation Scheme  
キーワード(3)(和/英) ピークファクタ / Peak to Average Power Ratio  
キーワード(4)(和/英) ピーク抑圧技術 / Peak Supression Technologies  
キーワード(5)(和/英) ビット誤り率 / Bit Error Rate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 洸貴 / Kouki Nakamura / ナカムラ コウキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-17 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2015-67,IEICE-ITS2015-39,IEICE-RCC2015-69 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.364(WBS), no.365(ITS), no.366(RCC) 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2015-12-10,IEICE-ITS-2015-12-10,IEICE-RCC-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会