電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-17 09:40
複合災害対策システムのためのユーザコンテキスト推定方式の実験的評価
飯塚 航水野 修工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地震等の都市災害発生時に減災のための情報提供手段の確保が求められている.大規模ターミナル駅周辺地域において,被災者の状況であるコンテキストを推定し,被災者のコンテキストに合わせた情報を配信する複合災害対策システムの検討を進めている.複合災害対策システムの実現のためにコアとなるユーザのコンテキストを推定する方式を提案した.本論文では,提案した方式が有用か確認するため実験を行ったので報告する. 
(英) The mitigation information providing system has been required at the time of disaster such as earthquake and flooding in urban area. Contexts are users and circumstance situations, in this case victims and area situation in disaster. We have proposed the method to provide safety information using contexts. Furthermore, for large-scale train stations on urban area, we are developing the mitigation information providing system for distributing information that is appropriate by the context of the user to obtain disaster-related information. This paper purposes the method to estimate user context to apply the system. And, this paper discusses experimental results in order to confirm the method.
キーワード (和) コンテキストアウェアネス / 減災システム / M2M / / / / /  
(英) Context Awareness / Mitigation System / M2M / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 368, NS2015-128, pp. 7-12, 2015年12月.
資料番号 NS2015-128 
発行日 2015-12-10 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 松山市総合コミュニティセンター 
開催地(英) Matsuyama Community Center 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複合災害対策システムのためのユーザコンテキスト推定方式の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation in The User Context Estimation Method for The Mitigation Information Providing System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテキストアウェアネス / Context Awareness  
キーワード(2)(和/英) 減災システム / Mitigation System  
キーワード(3)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 航 / Wataru Izuka / イイヅカ ワタル
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-17 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-128 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会