お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-17 13:30
[ポスター講演]2値系列によるM-ary伝送のDS復調
八久保賢人浜村昌則高知工科大WBS2015-57 ITS2015-29 RCC2015-59
抄録 (和) 送信時には$M(=2^Y)$個の2値系列による$M$-ary直接拡散伝送を行い, 受信時には$Y$個の系列による相関受信(逆拡散)により$Y$ビットのデータ検出を行う多重化方式を提案している. 帰還型直接拡散CDMA (feedback-controlled direct-sequence code-division multiple access: FC/DS-CDMA) の考え方を応用して, 提案方式に必要な相互相関の2値符号と実数値符号の生成法を提案している. 生成した2値符号と実数値符号の各系列間に所望の相互相関が得られたことを明らかにしている. これらの符号を用いた提案方式のビット誤り率 (bit error rate: BER) 特性の例を紹介している. 
(英) We propose a new multiplexing system in which each transmitter transmits a binary signal with $M$-ary signaling using $M(=2^Y)$ binary sequences and demodulates $Y$ bits of data using $Y$ correlators. We also propose an algorithm that produces a set of binary code and real-valued code suitable for the proposed multiplexing system based on the concept of feedback-controlled direct-sequence code-division multiple access (FC/DS-CDMA). Performance of the proposed system using the produced codes is evaluated in terms of bit-error rate (BER).
キーワード (和) 帰還型直接拡散CDMA / $M$-ary / 2値系列 / 実数値系列 / ビット誤り率 / / /  
(英) FC/DS-CDMA / $M$-ary / binary sequence / real-valued sequence / BER / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 364, WBS2015-57, pp. 103-108, 2015年12月.
資料番号 WBS2015-57 
発行日 2015-12-10 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2015-57 ITS2015-29 RCC2015-59

研究会情報
研究会 RCC ITS WBS  
開催期間 2015-12-17 - 2015-12-18 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術,ポスター講演及び一般 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication, etc. Poster Session. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2015-12-RCC-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2値系列によるM-ary伝送のDS復調 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) DS Demodulation for M-ary Transmission Using Binary Sequences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帰還型直接拡散CDMA / FC/DS-CDMA  
キーワード(2)(和/英) $M$-ary / $M$-ary  
キーワード(3)(和/英) 2値系列 / binary sequence  
キーワード(4)(和/英) 実数値系列 / real-valued sequence  
キーワード(5)(和/英) ビット誤り率 / BER  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八久保 賢人 / Kento Hachikubo / ハチクボ ケント
第1著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜村 昌則 / Masanori Hamamura / ハマムラ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-17 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2015-57,IEICE-ITS2015-29,IEICE-RCC2015-59 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.364(WBS), no.365(ITS), no.366(RCC) 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2015-12-10,IEICE-ITS-2015-12-10,IEICE-RCC-2015-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会