電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-16 16:20
集団的一人称視点映像解析に基づく複数人対話の自動視線分析
熊野史朗大塚和弘石井 亮大和淳司NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本稿では,全員が内向き・外向きの双方向を撮影するウェアラブルカメラを装着した 複数人対話を対象として, 個人の特性や内部状態を表す重要指標の一つである視線行動をほぼ自動で分析する方法を提案する. 提案法は,多くの既存のアイトラッカが必要とするユーザの既知点の固視による 事前校正作業を必要としない. 唯一の人手処理は,外向き映像中にいる各人物用に顔追跡器を初期化するだけである. 提案法は,これらの情報と,話者検出の結果を統合して, 各人物が話し手/聞き手の際に相手のどの部位を注視していたかのヒートマップを作成する. 著者らはこれを集団的一人称視点映像解析技術と呼ぶ. 六人グループの対話を用いた実験により,提案法の有効性が確認された. 
(英) We target medium-sized-party face-to-face conversations where each person wears inward- and outward-facing cameras. We demonstrate that the fundamental techniques required for group gaze analysis, i.e. speaker detection, face tracking, and gaze estimation, can be accurately and effectively performed via self-training in a unified framework. This is achieved by gathering captured audio-visual signals to a centralized system and using a general conversation rule, i.e. listeners look mainly at the speaker. We visualize the characteristics of participants' gaze behavior as a gazee-centered heat map, which quantitatively reveals what parts of the gazee's body and for how long the participant looked at it while the gazer speaks or listens. An experiment involving two groups of six-person conversations demonstrates the potential of the proposed framework.
キーワード (和) 一人称視点映像 / 視線 / 対話 / 校正 / 発話 / / /  
(英) Egocentric vision / gaze / eye-contact / multiparty meeting / calibration / utterance / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2015-12-16 - 2015-12-18 
開催地(和) 富山国際会議場 
開催地(英) Toyama International Conference Center 
テーマ(和) HCGシンポジウム2015 ―伸縮自在のコミュニケーション― 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2015-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 集団的一人称視点映像解析に基づく複数人対話の自動視線分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Gaze Analysis in Medium-sized Multiparty Conversations based on Collective First-Person Vision 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 一人称視点映像 / Egocentric vision  
キーワード(2)(和/英) 視線 / gaze  
キーワード(3)(和/英) 対話 / eye-contact  
キーワード(4)(和/英) 校正 / multiparty meeting  
キーワード(5)(和/英) 発話 / calibration  
キーワード(6)(和/英) / utterance  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊野 史朗 / Shiro Kumano / クマノ シロウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 和弘 / Kazuhiro Otsuka / オオツカ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 亮 / Ryo Ishii / イシイ リョウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和 淳司 / Junji Yamato / ヤマト ジュンジ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-16 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会