電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-13 11:15
近年の「普通に」の言語使用における泡沫性ポライトネス効果
緒形杏史由首藤佐智子早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年「普通においしい」のように評価を表す形容表現が「普通に」に修飾される使用例が頻繁に聞かれるようになった.この使用法に関して,出現後しばらくは「普通にX(Xは肯定的な評価を示す形容表現)」は,「普通に」を伴わない「X」よりも高程度を示すとする意見があった.しかしながら,最近の傾向では,「普通にX」は「X」よりもむしろ低い程度を示す使用法が主流になってきている.本研究では,都内の大学生約200名を対象に「普通にX」に関するアンケートを実施した.その回答状況を報告すると共に,「普通に」の新用法における意味変遷をポライトネス効果の泡沫性という視点から説明する. 
(英) In Japan, the adverb "futsuu-ni" has recently been used to modify adjectives that express the speakers’ evaluation, such as ‘delicious’ or ‘pretty.’ Initially, the modification was positive, such that “futsuu-ni X” was considered to be "more so than merely X." However, the meaning has quickly degraded to mean "less than X." Using the results of a survey of 200 university students, we confirm the transformation of the meaning and also account for the phenomenon in terms of the transitoriness of politeness.
キーワード (和) 普通に / 副詞 / 形容詞 / 程度 / 評価 / ポライトネス / ポライトネスの泡沫性 /  
(英) Futsuuni / Adverbs / Adjectives / Degree / Evaluation / Politeness / Transitoriness of politeness /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 361, TL2015-48, pp. 47-52, 2015年12月.
資料番号 TL2015-48 
発行日 2015-12-05 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2015-12-12 - 2015-12-13 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創,テーマ3:法と言語・言語と法 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning, Theme 3: Language and Law 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2015-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近年の「普通に」の言語使用における泡沫性ポライトネス効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transitory politeness effect in manipulated usages of "Futsuu-ni" in Japanese 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 普通に / Futsuuni  
キーワード(2)(和/英) 副詞 / Adverbs  
キーワード(3)(和/英) 形容詞 / Adjectives  
キーワード(4)(和/英) 程度 / Degree  
キーワード(5)(和/英) 評価 / Evaluation  
キーワード(6)(和/英) ポライトネス / Politeness  
キーワード(7)(和/英) ポライトネスの泡沫性 / Transitoriness of politeness  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 緒形 杏史由 / Anju Ogata / オガタ アンジュ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 首藤 佐智子 / Sachiko Shudo / シュドウ サチコ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-13 11:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2015-48 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2015-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会