電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-12 09:00
[ポスター講演]遠隔音声収録用鉛直マイクロホンアレイの収音感度調整について
前田貴成齋藤 毅三好正人金沢大EA2015-48
抄録 (和) 遠隔音声の高品質収録を目的として,当該音声を含む水平面に鉛直な円弧状マイクロホンアレイを用い,同音声に対する収音感度を強調する方法を検討している.目的音声の収音感度を強調すると,アレイ近傍の収音感度も増加すると云う問題が生じる.本稿では,アレイに備える全指向性マイクロホン素子各々に異なる重みを付与することで,上記問題の軽減を図る. 
(英) In order to capture distant speech, we are studying an arched vertical microphone-array system that places a focal point on target speech so as to enhance the signal. When the system successfully enhances the target, its sensitivity to the array vicinities also increases. This report proposes a way of controlling the array microphones to decrease such sensitivity.
キーワード (和) 遠隔音声 / マイクロホンアレイ / 収音感度 / / / / /  
(英) Distant speech / Microphone array / Spatial sensitivity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 359, EA2015-48, pp. 43-46, 2015年12月.
資料番号 EA2015-48 
発行日 2015-12-04 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2015-48

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2015-12-11 - 2015-12-12 
開催地(和) 金沢大学 サテライト・プラザ 
開催地(英) Kanazawa Univ., Satellite Plaza 
テーマ(和) 一般(学生セッション:学生主体のポスター講演を中心としたプログラム編成) 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2015-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遠隔音声収録用鉛直マイクロホンアレイの収音感度調整について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Controlling the sensitivity of a vertical microphone array to capture distant speech 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔音声 / Distant speech  
キーワード(2)(和/英) マイクロホンアレイ / Microphone array  
キーワード(3)(和/英) 収音感度 / Spatial sensitivity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 貴成 / Takanori Maeda / マエダ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 毅 / Takeshi Saitou / サイトウ タケシ
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 正人 / Masato Miyoshi / ミヨシ マサト
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-12 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2015-48 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.359 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2015-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会