電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-12 17:20
日本人大学生英語学習者による疑問文の産出 ~ 平叙文・疑問文の再生と平叙文から疑問文への転換 ~
原田康也早大)・森下美和神戸学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 効果的で円滑な言語コミュニケーションは、質問と応答の連続によって進む。近年ではコミュニケーション活動に基づく指導が求められているが、入門期の対話的教材の中で慣用的で簡単な構文の疑問文に触れるものの、語彙・構文の学習が進んだ段階で複雑な内容や構文の疑問文を系統的に学ぶ機会がないため、対話的場面において相手の発言内容に即して的確な質問をする能力の涵養に結びついていない。筆者たちは日本人英語学習者の疑問文構築能力について様々な調査と訓練の試みを行ってきた。本稿では、2013年度に早稲田大学法学部の学生を対象に実施したデータ収集と2014年度に早稲田大学法学部の学生を対象に実施したデータ収集の結果について比較を試みる。
2013年度には事前に疑問文についての訓練がない状態で転換課題を実施したが、2014年度には平叙文・疑問文の再生課題を実施した翌週以降に転換課題を実施したところ、受講生の英語熟達度はおおむね同レベルであるが、平叙文から疑問詞疑問文への転換課題における正答率に違いが見られる。事前の再生課題が転換課題の正答率に影響した可能性が大きい。 
(英) Acquisition of communicative competence has been the central objective of English language education in Japan since the 1990s. Asking the right questions at the right time in accordance with what has just been uttered by other parties in the conversation is an integral part of effective oral interactions but Japanese learners of English experience socio-cultural, linguistic and cognitive difficulties in doing so. In Japanese, question sentences are formed simply by adding the question marker “ka” at the end of a sentence without changing the word order. Thus, constructing English question sentences on the fly poses non-negligible processing difficulties for Japanese learners of English.
Following up on our earlier report in 原田・森下(2014), we will report on the data obtained by a more recent data collection efforts. In the initial data collection sessions conducted in 2013, students were asked to convert statement sentences into question sentences beginning with wh-phrases without any training of the target sentence structures. In the follow-up data collection sessions conducted in 2014, students were first asked to reproduce statement and question sentences in one session, and then they were asked to convert the statement sentences already used in earlier reproduction tasks into corresponding question sentences in a different session conducted one week or several weeks later,. Comparison of the “right answer rates” of the two series of data collection sessions suggests that preceding reproduction tasks lead to improved right-answer rates, but this may simply be because of reduced cognitive load for typing. We need to verify if exposure to one question sentence leads to an improved right answer rate of reproduction of or conversion into a question sentence with the same or similar syntactic structure but with substantially different lexical items.
キーワード (和) 疑問文 / 疑問詞疑問文 / 効果的コミュニケーション / 再生課題 / 転換課題 / / /  
(英) question sentence / wh-question / effective oral communication / reproduction task / conversion task / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 361, TL2015-45, pp. 29-34, 2015年12月.
資料番号 TL2015-45 
発行日 2015-12-05 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2015-12-12 - 2015-12-13 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創,テーマ3:法と言語・言語と法 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning, Theme 3: Language and Law 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2015-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本人大学生英語学習者による疑問文の産出 
サブタイトル(和) 平叙文・疑問文の再生と平叙文から疑問文への転換 
タイトル(英) Production of English Question Sentences by Japanese EFL Learners 
サブタイトル(英) Reproduction of and Conversion into Question Sentences 
キーワード(1)(和/英) 疑問文 / question sentence  
キーワード(2)(和/英) 疑問詞疑問文 / wh-question  
キーワード(3)(和/英) 効果的コミュニケーション / effective oral communication  
キーワード(4)(和/英) 再生課題 / reproduction task  
キーワード(5)(和/英) 転換課題 / conversion task  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 康也 / Yasunari Harada / ハラダ ヤスナリ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 美和 / Miwa Morishita /
第2著者 所属(和/英) 神戸学院大学 (略称: 神戸学院大)
Kobe Gakuin University (略称: Kobe Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-12 17:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2015-45 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2015-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会