お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-05 15:30
トラブル再発防止プロセスの確立方式
林 章浩統計数理研SWIM2015-16
抄録 (和) 本論文では,システム開発プロジェクトにおけるトラブル再発防止プロセスの確立方式を提案するものである.生産性の低下,納期遅延などの原因の一つは,トラブルの発生に伴う手戻りであることが知られている.トラブルの発生には多くの原因があるが,特に過去に発生した既知の原因によるトラブルの再発は防止しなければならない.そのために多くの企業では,トラブルが発生するとトラブル事例集を構築して,それぞれの再発防止策を策定している.ところが,再発防止策は自己流で作成されることが多く,トラブルの再発が繰り返されている.本研究では,有効性が確認されている問題解決の技法を用いたトラブルの再発防止プロセスの確立方式を提案する.この提案方式を実際のプロジェクトで適用したところ,トラブルの発生を未然に防止することに寄与した. 
(英) In this paper, we propose a method to establish the process to prevent recurrence of troubles of system development projects. It's learned that one of the causes of declining of the productivity and late delivery is caused by reworks of occurrence of troubles. Especially the recurrence of troubles or similar troubles should have been prevented. In order to do this, each system development organization attempts to establish trouble databases and risk management process. However, by their own style trouble preventing process, few reductions of recurrence troubles are confirmed. In this paper, we propose the method to prevent trouble by well-known problem solving methodology. When we apply this method to real cases of system development organizations, we confirmed its improvement effects.
キーワード (和) トラブルの再発防止 / プロセス改善 / 知識データベース / / / / /  
(英) Preventing Recurrence of Troubles / Process Improvement / Knowledge Database / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 353, SWIM2015-16, pp. 25-31, 2015年12月.
資料番号 SWIM2015-16 
発行日 2015-11-28 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2015-16

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2015-12-05 - 2015-12-05 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo polytechnic Univ. 
テーマ(和) モデリングの実装、一般 (ワークショップ) 
テーマ(英) Model implementation, etc. (Work Shop) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2015-12-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トラブル再発防止プロセスの確立方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Process Improvement Method by Preventing Recurrence of Troubles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラブルの再発防止 / Preventing Recurrence of Troubles  
キーワード(2)(和/英) プロセス改善 / Process Improvement  
キーワード(3)(和/英) 知識データベース / Knowledge Database  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 章浩 / Akihiro Hayashi /
第1著者 所属(和/英) 統計数理研究所 (略称: 統計数理研)
The Institute of Statistical Mathematics (略称: ISM)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-05 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-SWIM2015-16 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.353 
ページ範囲 pp.25-31 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SWIM-2015-11-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会