お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-04 17:40
[招待講演]Pushing the Limits of Indoor Localization in Today's Wi-Fi Networks
Jie XiongSMU
抄録 (和) Wireless networks are ubiquitous nowadays and play an increasingly important role in our everyday life. A lot of wonderful emerging applications heavily reply on Wi-Fi and require an even more sophisticated Wi-Fi network. These applications include wearable, augmented reality, indoor navigation and etc. One key component for the success of these applications is accurate indoor localization. While we have GPS in the outdoor environment, indoor localization at a sub-meter granularity remains challenging due to a number of factors, including the presence of strong wireless reflections indoors and the burden of deploying and maintaining any additional location service infrastructure. The recent trend of dramatically increasing number of antennas and higher bandwidths at the indoor access point, brings us unique opportunities to improve the indoor localization performance. Two indoor localization systems will be introduced in this talk. The first, ArrayTrack, is the first localization system hosted on Wi-Fi infrastructure to achieve an accuracy below 30 cm via a novel reflection-path identification scheme. ToneTrack is another system, which breaks the bandwidth limit on time-based localization by combining data from adjacent channels. 
(英) Wireless networks are ubiquitous nowadays and play an increasingly important role in our everyday life. A lot of wonderful emerging applications heavily reply on Wi-Fi and require an even more sophisticated Wi-Fi network. These applications include wearable, augmented reality, indoor navigation and etc. One key component for the success of these applications is accurate indoor localization. While we have GPS in the outdoor environment, indoor localization at a sub-meter granularity remains challenging due to a number of factors, including the presence of strong wireless reflections indoors and the burden of deploying and maintaining any additional location service infrastructure. The recent trend of dramatically increasing number of antennas and higher bandwidths at the indoor access point, brings us unique opportunities to improve the indoor localization performance. Two indoor localization systems will be introduced in this talk. The first, ArrayTrack, is the first localization system hosted on Wi-Fi infrastructure to achieve an accuracy below 30 cm via a novel reflection-path identification scheme. ToneTrack is another system, which breaks the bandwidth limit on time-based localization by combining data from adjacent channels.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2015-12-04 - 2015-12-05 
開催地(和) Singapore Management University, Singapore 
開催地(英) Singapore Management University, Singapore 
テーマ(和) Singapore-Japan Joint Workshop on Ambient Intelligence and Sensor Networks 
テーマ(英) Singapore-Japan Joint Workshop on Ambient Intelligence and Sensor Networks 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2015-12-ASN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pushing the Limits of Indoor Localization in Today's Wi-Fi Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Jie Xiong / Jie Xiong / Jie Xiong
第1著者 所属(和/英) Singapore Management University (略称: SMU)
Singapore Management University (略称: SMU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-04 17:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ASN 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会