電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-04 09:50
MIMO-OFDMにおける遅延相関と中央相関に基づいた高精度シンボルタイミング検出法の評価
岩田祐之梅原雅人今川隆司筒井 弘宮永喜一北大
抄録 (和) 本稿では,MIMO-OFDM システムにおいて,遅延相関と中央相関に加え相互相関を用いた高精度同期手法について検討する.OFDM 通信において,FFT ウィンドウ位置のずれは遅延波に対するGI (guard interval) の有効長を短くしシンボル間干渉の要因となるため,高精度に同期位置を求めFFT ウィンドウ位置を決定する事は重要である.遅延波が存在する場合においても高精度に同期点を求める事が出来る同期手法を検討し,計算機シミュレーションを用い評価を行う.評価は自己相関のみを用いた手法との同期点分布とBER 特性の比較を行った.シミュレーションの結果既存手法に対し遅延波影響の抑制,また高精度同期手法がBER 特性の向上につながることを確認できた. 
(英) In this paper, we propose a highly accurate ODFM symbol timing synchronization method using cross–correlation in addition to delayed and central correlations for MIMO-OFDM systems. In OFDM systems, an FFT window position shift is a factor of inter-symbol interference since the shift shortens the effective guard interval foralleviating the effect of delay waves. Motivated by this, we propose a novel timing synchronization method which can be utilize even under multipath fading environments. For the evaluation of the proposed method, we compare a distribution of detected timing synchronization points and BER characteristics using the proposed method and an existing method. From the results, we confirmed that the effect of delay waves can be successfully suppressed and that BER improvement can be archived by the proposed method.
キーワード (和) MIMO-OFDM システム / マルチパスフェージング / タイミング同期 / 遅延相関 / 中央相関 / / /  
(英) MIMO-OFDM system / Multipath-fading / Timing synchronization / Delay correlation / Symmetric correlation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 348, SIS2015-42, pp. 73-76, 2015年12月.
資料番号 SIS2015-42 
発行日 2015-11-26 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2015-12-03 - 2015-12-04 
開催地(和) まつや千千(福井県あわら市) 
開催地(英) Matsuya-sensen (Awara city, Fukui) 
テーマ(和) システムオンシリコン,近距離無線通信応用システム,一般 
テーマ(英) SoC, Related to RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2015-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO-OFDMにおける遅延相関と中央相関に基づいた高精度シンボルタイミング検出法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Evaluation of High Quality Synchronization Method Based on Delayed and Symmetric Correlation in MIMO-OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO-OFDM システム / MIMO-OFDM system  
キーワード(2)(和/英) マルチパスフェージング / Multipath-fading  
キーワード(3)(和/英) タイミング同期 / Timing synchronization  
キーワード(4)(和/英) 遅延相関 / Delay correlation  
キーワード(5)(和/英) 中央相関 / Symmetric correlation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 祐之 / Sukeyuki Iwata / イワタ スケユキ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 雅人 / Masahito Umehara / ウメハラ マサヒト
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今川 隆司 / Takashi Imagawa / イマガワ タカシ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 筒井 弘 / Hiroshi Tsutsui / ツツイ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮永 喜一 / Yoshikazu Miyanaga / ミヤナガ ヨシカズ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-04 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2015-42 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2015-11-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会