電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-03 09:45
高位合成における分散制御のデータフローグラフ境界を越えた拡張
清水美帆石浦菜岐佐関西学院大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 本稿では, 不定サイクル演算を含むデータフローグラフの効率的な実行時スケジューリングを可能にする分散制御を, 複数のデータフローグラフへ拡張する方法を提案する. 従来の高位合成では, 演算のサイクル数は固定として静的にスケジューリングを決定するが, 実際には演算のサイクル数が実行時の状況によって変動する不定サイクル演算器が存在する. このような演算器を含む回路を効率的に制御する手法として, Del Barrio, Pilato, 山下らが複数の状態機械によって演算器の制御を行う分散制御方式を提案しているが, これらはいずれも単一のデータフローグラフの制御を対象としたものであった.
本稿では, Del Barrioの分散制御方式を複数のデータフローグラフの制御に拡張する手法を提案する. 本手法は, データフローグラフの境界を越えて演算の動的なスケジューリングを可能にするものであり, 従来の集中制御方式におけるループスケジューリングやトレーススケジューリングに比べ, 実行に必要な総サイクル数を削減できる. 
(英) This paper proposes an extension of distributed control, which enables efficient run-time scheduling of variable latency operations, to multiple dataflow graphs.
Conventional high-level synthesis methods determine the execution schedule of operations statically assuming that their latencies are fixed.
However, actual circuits contain so-called variable latency units whose execution cycles may vary depending on various run-time factors.
Although Del Barrio, Pilato, and Yamashita have proposed distributed control methods which can efficiently control circuits with such units, they only handles a single dataflow graphs.
Our method extends the Del Barrio's distributed control to handle multiple dataflow graphs.
It enables dynamic scheduling of operations beyond the boundaries of dataflow graphs which results in fewer execution cycles than those by conventional centralized control with loop scheduling and trace scheduling.
キーワード (和) 高位合成 / 不定サイクル演算 / 分散制御 / 動的スケジューリング / / / /  
(英) high-level synthesis / variable latency operation / distributed controller / dynamic scheduling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 338, VLD2015-61, pp. 153-158, 2015年12月.
資料番号 VLD2015-61 
発行日 2015-11-24 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2015-12-01 - 2015-12-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館 
開催地(英) Nagasaki Kinro Fukushi Kaikan 
テーマ(和) デザインガイア2015 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2015 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2015-12-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高位合成における分散制御のデータフローグラフ境界を越えた拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extending Distributed Control for High-Level Synthesis beyond Boundaries of Dataflow Graphs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高位合成 / high-level synthesis  
キーワード(2)(和/英) 不定サイクル演算 / variable latency operation  
キーワード(3)(和/英) 分散制御 / distributed controller  
キーワード(4)(和/英) 動的スケジューリング / dynamic scheduling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 美帆 / Miho Shimizu / シミズ ミホ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石浦 菜岐佐 / Nagisa Ishiura / イシウラ ナギサ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-03 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2015-61,IEICE-DC2015-57 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.338(VLD), no.339(DC) 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2015-11-24,IEICE-DC-2015-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会