電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-03 14:35
CCNルータのためのハッシュテーブルと平衡木の併用によるメモリアクセスを削減したFIBの構築
島﨑健太早大)・青木 孝羽田野孝裕大塚卓哉宮崎昭彦NTT)・津田俊隆朴 容震戸川 望早大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 従来のIPネットワークはユーザ・サーバ間通信を基本とし,サーバに負担が集中する問題がある.加えて,IPルータはユーザから受け取ったパケットを次のルータに横流しするだけであり,ルータは,ユーザが必要とするコンテンツを提供する機能を有していない.従来の転送機能に加え,キャッシュ機能を持つよう機能拡張されたルータにより構築されるネットワークがCCN (Content Centric Networking)であり,次世代ネットワークとして注目されている.CCNルータは,FIBと呼ばれるルーティングテーブルを持つが,FIBのメモリアクセス処理がボトルネックとなる.本稿では,ハッシュテーブルと平衡木を組み合わせたデータ構造を持つFIBを提案する.提案手法は,ハッシュによるテーブル探索を基本とし,ハッシュ値が衝突した際に,平衡木を用いてデータを保持する.こうすることでハッシュ値が衝突した際のメモリアクセス回数の増加を緩和し,FIB探索処理におけるメモリアクセス回数の削減を実現する.平衡木を用いることで,木構造のばらつきを抑え,安定的にメモリアクセス回数を少なくすることができる.
提案手法のメモリアクセス回数は,多分木で実装したFIB に比べ約
5.9%,ハッシュテーブルで実装したFIBに比べ約88.1%に削減すること
ができた. 
(英) In conventional IP network, an IP router just forwards a packet to
another router.
Recently, Content Centric Networking (CCN) is paid
attention to, where CCN routers do not only forward a packet to
another router but it also has a network server function.
A CCN router has a forwarding table called FIB (Forwarding Information Base) but its memory access can become a bottleneck.
In this paper, we propose FIB data structure for CCN routers which can reduce the number of memory accesses. Our proposed FIB is constructed by effectively utilizing a hash table and a balanced binary-search tree.
By using our FIB, the number of memory accesses cannot much
increase even if hash collisions occur.
Experimental results show that our proposed FIB can reduce the number of memory accesses by 5.9% and 88.1% compared to those implemented by using an n-ary tree and a hash table, respectively.
キーワード (和) content centric networking (CCN) / forwarding information base (FIB) / メモリアクセス / ルータ / / / /  
(英) content centric networking (CCN) / forwarding information base (FIB) / memory access / router / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 338, VLD2015-75, pp. 243-248, 2015年12月.
資料番号 VLD2015-75 
発行日 2015-11-24 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2015-12-01 - 2015-12-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館 
開催地(英) Nagasaki Kinro Fukushi Kaikan 
テーマ(和) デザインガイア2015 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2015 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2015-12-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CCNルータのためのハッシュテーブルと平衡木の併用によるメモリアクセスを削減したFIBの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hash-table and Balanced-tree based FIB Architecture for CCN Routers Reducing Memory Accesses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) content centric networking (CCN) / content centric networking (CCN)  
キーワード(2)(和/英) forwarding information base (FIB) / forwarding information base (FIB)  
キーワード(3)(和/英) メモリアクセス / memory access  
キーワード(4)(和/英) ルータ / router  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島﨑 健太 / Kenta Shimazaki / シマザキ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 孝 / Takashi Aoki / アオキ タカシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽田野 孝裕 / Takahiro Hatano / ハタノ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 卓哉 / Takuya Otsuka / オオツカ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 昭彦 / Akihiko Miyazaki / ミヤザキ アキヒコ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 津田 俊隆 / Toshitaka Tsuda / ツダ トシタカ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 朴 容震 / Yong-Jin Park / パク ヨンジン
第7著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸川 望 / Nozomu Togawa / トガワ ノゾム
第8著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-03 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2015-75,IEICE-DC2015-71 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.338(VLD), no.339(DC) 
ページ範囲 pp.243-248 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2015-11-24,IEICE-DC-2015-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会