電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-02 15:55
物体追跡システムの低消費エネルギー化を目的とした動的フレームレート制御法
井上優良小野貴継井上弘士九大エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2015-133 ICD2015-58
抄録 (和) 動画上の指定した対象物体の位置座標を各フレームで推定し,即座にその情報を利用するオンライン物体追跡システムは,自動車の運転支援システムやカメラなどのバッテリー駆動機器で用いられる.したがって,物体追跡システムによって消費されるエネルギーの削減は重要である.物体追跡システムでは,フレーム取得処理と追跡処理が消費エネルギーの多くを占めており,これらの間には消費エネルギー・トレードオフが存在する.そこで本稿では,物体の移動速度に基づき追跡精度が大幅に低下しない範囲で適応的にフレームレートを変更する手法を提案する.本手法は,物体の移動速度に応じてフレームレートと物体追跡の探索範囲を自動調節することで,消費エネルギー削減を実現する.消費エネルギー・モデルを構築しベンチマーク動画像を用いて定量的に評価した結果,従来手法と比較して提案手法は物体追跡精度を維持しつつ,消費エネルギーを最大で50.0%,平均で35.9%削減可能であることを確認した. 
(英) The importance of on-line object tracking (OLOT) to pursue target objects in captured image frames is rapidly increasing. Because OLOT applications tend to be applied in battery-operated systems, e.g., electric automobiles and smartphones, it is strongly required to minimize energy consumption without degrading tracking accuracy. This paper describes a method of frame-rate optimization in order to satisfy that requirement. We found the frame-rate is an appropriate knob to control the system-wide energy consumption, i.e. energy for image cap- turing and that for object tracking. Our experimental results show a maximum energy reduction of 50.0%, and an average reduction of 35.9%.
キーワード (和) 物体追跡システム / 消費エネルギー / フレームレート / / / / /  
(英) object tracking system / energy consumption / frame-rate / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 341, ICD2015-58, pp. 33-38, 2015年12月.
資料番号 ICD2015-58 
発行日 2015-11-24 (CPM, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2015-12-01 - 2015-12-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館 
開催地(英) Nagasaki Kinro Fukushi Kaikan 
テーマ(和) デザインガイア2015 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2015 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2015-12-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物体追跡システムの低消費エネルギー化を目的とした動的フレームレート制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Frame-rate Optimization for Low Energy Object Tracking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物体追跡システム / object tracking system  
キーワード(2)(和/英) 消費エネルギー / energy consumption  
キーワード(3)(和/英) フレームレート / frame-rate  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 優良 / Yusuke Inoue / イノウエ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 貴継 / Takatsugu Ono / オノ タカツグ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 弘士 / Koji Inoue / イノウエ コウジ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-02 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-CPM2015-133,IEICE-ICD2015-58 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.340(CPM), no.341(ICD) 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPM-2015-11-24,IEICE-ICD-2015-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会