電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-02 14:10
CSMA/CDバスとD-TDMAバスを併用したワイヤレス3次元バスアーキテクチャ
松村 剛慶大)・鯉渕道紘NII)・天野英晴松谷宏紀慶大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) チップ設計コストの増大に伴い、アプリケーションに応じたチップファミリーの設計が難しくなったため、3 次元IC が注目されつつある。チップ間の通信方法としてバスを採用した3 次元IC では、垂直リンクとしてDynamic TDMA(D-TDMA)バスを用いるのが通信効率が良い。しかし、本研究で対象とするワイヤレス3次元ICで垂直リンクにD-TDMA バスを採用すると、アービトレーションに用いる数bit の制御信号にもデータと同じ量のインダクタを用いる必要があり、面積や電力のオーバーヘッドが大きくなってしまうため実装が難しい。本研究ではCSMA/CD バスをD-TDMA バスのアービトレーション用に1 本もしくは少数使用することで、アービトレーションに要するインダクタを廃しつつD-TDMA を実現する方式を提案、評価する。その結果、全垂直リンクをD-TDMAバスで実装したアーキテクチャに比べて、高々0.3%のアプリケーション実行時間のオーバーヘッドで、垂直バスを構成するのに必要インダクタの数を73.6%削減できた。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) ワイヤレス3 次元CMP / Dynamic TDMA / CSMA/CD / 結合網 / / / /  
(英) Wireless 3D Chip-MultiProcessor / Dynamic TDMA / CSMA/CD / interconnection networks / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 342, CPSY2015-69, pp. 45-50, 2015年12月.
資料番号 CPSY2015-69 
発行日 2015-11-24 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2015-12-01 - 2015-12-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館 
開催地(英) Nagasaki Kinro Fukushi Kaikan 
テーマ(和) デザインガイア2015 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2015 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2015-12-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CSMA/CDバスとD-TDMAバスを併用したワイヤレス3次元バスアーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) CSMA/CD and D-TDMA Hybrid Wireless 3D Bus Architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワイヤレス3 次元CMP / Wireless 3D Chip-MultiProcessor  
キーワード(2)(和/英) Dynamic TDMA / Dynamic TDMA  
キーワード(3)(和/英) CSMA/CD / CSMA/CD  
キーワード(4)(和/英) 結合網 / interconnection networks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 剛 / Go Matsumura / マツムラ ゴウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鯉渕 道紘 / Michihiro Koibuchi / コイブチ ミチヒロ
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano / アマノ ヒデハル
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 宏紀 / Hiroki Matsutani / マツタニ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-02 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2015-69 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2015-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会