電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-02 11:15
アルゴリズム記述とCGRA実装を統合するC言語フレームワーク
中島康彦奈良先端大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 自身がデータ解析を行う高速・低コスト・低電力なIoT 機器向けコンピュータが希求されている.本稿では,ベクトル型アクセラレータやGPGPU に代表される,本質的に高い主記憶バンド幅を必要とする(道路渋滞を車線数の大幅増加で解消する)SIMD アーキテクチャとは一線を画し,低い主記憶バンド幅で見通しの良い高性能を発揮する(道路渋滞を信号機の系統制御で解消する)CGRA ベースのアクセラレーション技術に着目する.ソフトウェア技術者の多くが,特殊言語によるプログラミングや性能チューニングを負担できないことを念頭に,特殊言語を排除し,C 言語のみにより記述したプログラムが,既存システム,CGRA,高位合成の全てに利用可能,かつ,CGRAの性能チューニングやカスタマイズを支援する資産重視型統合プログラミング基盤を提案する.まず,元のC ソースと提案するCGRA 記述の既存システム上での実行速度を比較したところ,遜色ない性能が出せることがわかった. 
(英) We need high-speed, low-cost and low-power embedded computers for intelligent IoT devices. In contrast to vector accelerators and GPGPUs that inherently require high memory bandwidth for filling SIMD facilities, accelerators based on CGRA can show good performance under severe limitations on memory bandwidth. In usual, such hardware requires special programming language and elaborate tuning to get high performance. However, many programmers need easier way to write programs with long-life language such as C and to tune the speed. In this work, an integrated programming framework that regards reusability of source code as most important is demonstrated. C codes can be compiled for both traditional computers and CGRAs, and also be used for designing hardware with high-level-synthesis. Moreover, programmers can tune CGRA programs at assembly language level just using C, and can design customized CGRA by modifying C library. As a first step, proposed CGRA description is found to show favorable performance compared with original C source code.
キーワード (和) CGRA / C 言語 / フレームワーク / / / / /  
(英) CGRA / C / Framework / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 342, CPSY2015-65, pp. 21-26, 2015年12月.
資料番号 CPSY2015-65 
発行日 2015-11-24 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2015-12-01 - 2015-12-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館 
開催地(英) Nagasaki Kinro Fukushi Kaikan 
テーマ(和) デザインガイア2015 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2015 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2015-12-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アルゴリズム記述とCGRA実装を統合するC言語フレームワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A C Framework for Integrating Algorithm Description and CGRA Implementation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CGRA / CGRA  
キーワード(2)(和/英) C 言語 / C  
キーワード(3)(和/英) フレームワーク / Framework  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 康彦 / Yasuhiko Nakashima / ナカシマ ヤスヒコ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
NARA Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-02 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2015-65 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2015-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会