電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-01 15:45
[フェロー記念講演]VLSIテスト技術によるシステムディペンダビリティ向上への期待
梶原誠司九工大エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2015-128 ICD2015-53
抄録 (和) VLSIの製造不良の検出を目的に行われる生産テストの技術は,テスト品質向上(故障検出能力の向上)とコスト削減を主眼に研究開発が行われ,VLSIの普及や信頼性向上に貢献してきた.本講演では,膨大なテストデータを用いたビッグデータ解析や経年劣化に対処するためのフィールドテストなど,近年注目されているテスト技術を紹介し,これらがシステムディペンダビリティ向上の新たな付加価値を提供することへの期待について述べる. 
(英) VLSI Test technology for detection of manufacturing faults has been developed to improve test quality that is the capability of fault detection and to reduce test cost, and it has contributed to the spread of VLSIs and the improvement of system reliability. In this talk, recent test technology such as big data analysis using huge manufacturing test data and field test dealing with aging is introduced. And then, expectation to provide added value for enhancements of system dependability is described.
キーワード (和) VLSIテスト / システムディペンダビリティ / ビッグデータ / フィールドテスト / / / /  
(英) VLSI test / system dependability / big data / field test / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 342, CPSY2015-64, pp. 19-20, 2015年12月.
資料番号 CPSY2015-64 
発行日 2015-11-24 (VLD, CPM, ICD, CPSY, DC, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2015-12-01 - 2015-12-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館 
開催地(英) Nagasaki Kinro Fukushi Kaikan 
テーマ(和) デザインガイア2015 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2015 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2015-12-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VLSIテスト技術によるシステムディペンダビリティ向上への期待 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving System Dependability by VLSI Test Technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VLSIテスト / VLSI test  
キーワード(2)(和/英) システムディペンダビリティ / system dependability  
キーワード(3)(和/英) ビッグデータ / big data  
キーワード(4)(和/英) フィールドテスト / field test  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶原 誠司 / Seiji Kajihara / カジハラ セイジ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-01 15:45:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2015-44,IEICE-CPM2015-128,IEICE-ICD2015-53,IEICE-CPSY2015-64,IEICE-DC2015-40,IEICE-RECONF2015-51 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.338(VLD), no.340(CPM), no.341(ICD), no.342(CPSY), no.339(DC), no.343(RECONF) 
ページ範囲 pp.43-44(VLD), pp.9-10(CPM), pp.9-10(ICD), pp.19-20(CPSY), pp.43-44(DC), pp.19-20(RECONF) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-VLD-2015-11-24,IEICE-CPM-2015-11-24,IEICE-ICD-2015-11-24,IEICE-CPSY-2015-11-24,IEICE-DC-2015-11-24,IEICE-RECONF-2015-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会