電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-01 12:45
リモートGPUクラスタを用いたドキュメント指向型データベースの性能評価
森島 信松谷宏紀慶大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) ドキュメント指向型データベースは、ドキュメントをスキーマレスに保存し、それに対する探索クエリを実行でき、水平分散を行えるデータベースであり、豊富な機能と拡張性を持っている。そのため、多くの文書を扱うwebアプリケーションなどで広く用いられている。ドキュメント指向型データベースの主な処理は文字列探索であり、膨大な情報を扱う場合の文字列探索の計算量は大きい。ドキュメント指向型データベースは、インデックスを用いてこれを高速化しているが、正規表現探索等インデックスを使えないクエリがボトルネックとなる。
インデックスを使えないクエリを高速化するためにGPUが用いられるが、GPUのデバイスメモリの制約から、多くのドキュメントやドキュメント数の動的な変化に対する対処が困難であるという欠点がある。
そこで、本論文では、動的にGPUの数を変更できるGPUクラスタ環境である分散GPUデータストアを提案する。GPUの数を動的に変化できるようにすることで、ドキュメント数に応じて必要な台数のGPUを用いることができ、ドキュメント数の変化に対処できる。

GPU2台を用いて、一件あたり8文字の文字列を含むドキュメント一億件に対する正規表現探索クエリの実行時間を評価した。その結果、分散GPUストアは、GPUをホストと直接接続した場合に比べて性能低下を22%に抑え、代表的なドキュメント指向型データベースであるMongoDBに対して、最大339倍の性能向上を達成した。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 構造型ストレージ / ドキュメント指向型データベース / GPU / ラックスケールアーキテクチャ / / / /  
(英) Structured storage / document-oriented database / GPU / Rack scale architecture / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 342, CPSY2015-61, pp. 1-6, 2015年12月.
資料番号 CPSY2015-61 
発行日 2015-11-24 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2015-12-01 - 2015-12-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館 
開催地(英) Nagasaki Kinro Fukushi Kaikan 
テーマ(和) デザインガイア2015 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2015 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2015-12-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リモートGPUクラスタを用いたドキュメント指向型データベースの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluations of Document-Oriented Databases using Remote GPU Cluster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 構造型ストレージ / Structured storage  
キーワード(2)(和/英) ドキュメント指向型データベース / document-oriented database  
キーワード(3)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(4)(和/英) ラックスケールアーキテクチャ / Rack scale architecture  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森島 信 / Shin Morishima / モリシマ シン
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 宏紀 / Hiroki Matsutani / マツタニ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-01 12:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2015-61 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2015-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会