電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-27 14:40
プロセスの出現頻度を用いた不審プロセス特定
中里純二津田 侑衛藤将史井上大介中尾康二NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 標的型攻撃による重大なセキュリティインシデントが多く発生している.標的型攻撃の特徴は,攻撃に使われるマルウェアはアンチウィルスソフトウェアなどでは発見が難しく,発見されるまでの非常に長い間,索敵などの情報収集や攻撃活動を行なう.そこで,本研究では各ホスト内部で動作するプロセスリストを定期的に取得し,特定ホストのみで長期間動作するプロセスの抽出を行なう.同一プロセスが動作するホストの数や頻度からプロセス毎に特徴量を算出し,各プロセスの不審度を決定する手法の提案を行なう. 
(英) Many serious security incidents caused by the targeted attacks have been occurred. The targeted attacks can not be prevented easily, because a malware that is used in the attack is difficult to detect by antivirus software. Consequently, the malware has been active for a long term in order to access important user, service, and specific system in target organization. Therefore, in this paper we proposed new suspicious process detection scheme. The proposed scheme decides suspicious degree of process by calculating feature value constructed with process frequency and number of user who executing the same process.
キーワード (和) 標的型攻撃 / マルウェア検出 / プロセス出現頻度 / / / / /  
(英) targeted attack / malware detection / process frequency / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 334, ICSS2015-45, pp. 61-66, 2015年11月.
資料番号 ICSS2015-45 
発行日 2015-11-19 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-11-26 - 2015-11-27 
開催地(和) 産総研 福島再生可能エネルギー研究所 
開催地(英) AIST, Fukushima Renewable Energy Institute 
テーマ(和) 通信システムセキュリティ、一般 
テーマ(英) Communication and System Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-11-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プロセスの出現頻度を用いた不審プロセス特定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Suspicious Processes Detection Scheme using Process Frequency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 標的型攻撃 / targeted attack  
キーワード(2)(和/英) マルウェア検出 / malware detection  
キーワード(3)(和/英) プロセス出現頻度 / process frequency  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 純二 / Junji Nakazato / ナカザト ジュンジ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 津田 侑 / Yu Tsuda / ツダ ユウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 衛藤 将史 / Masashi Eto / エトウ マサシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 大介 / Daisuke Inoue / イノウエ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 康二 / Koji Nakao / ナカオ コウジ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-27 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2015-45 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.334 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2015-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会