電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-27 10:15
アドホックネットワークにおける複数帯状経路形パケット転送方式
藤岡 智荒木涼太郎芝浦工大)・山崎 託早大)・三好 匠芝浦工大
抄録 (和) 近年,無線技術の発展に伴い,移動可能な無線端末(ノード)のみで構成されるアドホックネットワークが注目されている.アドホックネットワークでは,各ノードが互いに中継を行うマルチホップ通信を用いることで,直接通信することができないノードとの通信を可能にしている.AODV(Ad-hoc on-demand distance vector)などのオンデマンド形ルーチングプロトコルでは,通信開始時に構築した経路に沿ってパケット転送を行う.しかし,転送途中にノードの移動や故障などにより経路を構成するリンクが切断された場合,経路再構築による遅延が発生する.これに対し,経路の近傍ノードを利用して帯状に経路構築をすることにより遅延を低減する手法が提案されている.しかし,ノードが散在している場合,経路の補助ができるノードが減少するためパケット到達率が低下する.本稿では,近傍ノードがデータパケット転送の冗長化を行い,かつノード密度が小さい場合に補助経路を構築するパケット転送方式を提案する.提案手法を用いることで,エンド間によるパケット到達率が向上することを示す. 
(英) Recently, ad hoc networks composed only of mobile wireless terminals (nodes) attract attention in proportion as a development of wireless technology. In ad hoc networks, communication with nodes that cannot be directly connected is available by using multi-hop transmissions in which each node sequentially relays data. On-demand routing protocols such as AODV (ad-hoc on-demand distance vector) transmit the data packets along the route that was constructed at the beginning of data communication. When a link on the data transmission route becomes unavailable by the movement or breakdown of nodes, the delay occurs due to the route reconstruction. To solve this problem, a packet forwarding method with zonal path that consists of route-neighbour nodes to decrease the delay has been proposed. However, if the neighbour nodes do not exist, the performance will be declined. This paper proposes a packet forwarding method both using route-neighbour nodes to improve communication efficiency by opportunistic forwarding and constructing the backup route in sparse areas. The proposed method achieves an improvement of the end-to-end connectivity.
キーワード (和) アドホックネットワーク / ルーチング近傍ノード / 漏れ聞き / 複数経路 / / / /  
(英) ad hoc network / routing neighbour node / overhear / multipath / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 326, NS2015-122, pp. 63-68, 2015年11月.
資料番号 NS2015-122 
発行日 2015-11-19 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ ICM NS  
開催期間 2015-11-26 - 2015-11-27 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-11-CQ-ICM-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける複数帯状経路形パケット転送方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Packet Forwarding Method Implementing Multi-Zonal Paths for Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) ルーチング近傍ノード / routing neighbour node  
キーワード(3)(和/英) 漏れ聞き / overhear  
キーワード(4)(和/英) 複数経路 / multipath  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤岡 智 / Satoshi Fujioka / フジオカ サトシ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 涼太郎 / Ryotaro Araki / アラキ リョウタロウ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-27 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-122 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.326 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会