電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-27 11:15
誤り訂正技術を用いたTCPスループット改善手法の性能評価
佐当百合野古閑宏幸北九州市大)・池永全志九工大NS2015-124
抄録 (和) TCPを利用した通信においてパケットロスが発生した場合,特に高遅延環境下ではロスパケットの回復に時間を要するため,伝送速度を低く抑える時間が長くなり,スループット特性が劣化する恐れがある.そこで我々は誤り訂正技術(FEC)をTCPの動作に適用することで,ロスパケット回復期間における伝送速度の低減を回避し,TCPのスループット特性を向上させるための手法の初期的な検討を行ってきている.本研究では,TCPにFECを単純に適用した場合の課題を解決し,TCPの通信性能を改善するための手法を提案する.具体的には,冗長度や確認応答の制御手法について検討し,その有効性をシミュレーション評価により明らかにする. 
(英) The growth of the Internet now allows exchange of large amounts of data through broadband networks. However, although TCP is still commonly used as a reliable data transmission protocol, packet losses significantly degrade TCP performance in a high latency environment, such as broadband networks. This is because TCP keeps the transmission rate low while lost packets are recovered.To prevent this problem, we need to use forward error correction (FEC) that enables a sender to transmit packets with redundant information to correct transmission errors at a receiver. However, FEC is restrictively used for TCP communication where transmission rates change a lot because it is typically used for UDP communication, which has a constant transmission rate. In this study, we propose a scheme to apply FEC technology to the entire TCP operation in order to improve TCP throughput. Specifically, we discuss the ways to determine redundancy level and return acknowledgments.
Furthermore, we showed the effectiveness of the proposed scheme through simulation evaluations.
キーワード (和) 誤り訂正技術 / TCP / 冗長度制御 / 輻輳制御 / FEC / / /  
(英) Error Correction / TCP / Redundancy Control / Congestion Control / FEC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 326, NS2015-124, pp. 75-80, 2015年11月.
資料番号 NS2015-124 
発行日 2015-11-19 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2015-124

研究会情報
研究会 CQ ICM NS  
開催期間 2015-11-26 - 2015-11-27 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-11-CQ-ICM-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 誤り訂正技術を用いたTCPスループット改善手法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of TCP Throughput Improvement Methods Using Forward Error Correction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 誤り訂正技術 / Error Correction  
キーワード(2)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(3)(和/英) 冗長度制御 / Redundancy Control  
キーワード(4)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(5)(和/英) FEC / FEC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐当 百合野 / Yurino Sato / サトウ ユリノ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古閑 宏幸 / Hiroyuki Koga / コガ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-27 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-124 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.326 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会