電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-27 09:00
ログ監視におけるホワイトリストの自動生成
佐々木 淳・○藤浦豊徳鎌田哲彰森 謙NTTICM2015-22
抄録 (和) 従来,システム運用におけるログ監視は,主に正規表現に合致したログを抽出するというブラックリスト方式で行われてきた.しかし,この方式にはあらかじめ把握している異常しか検知できないという問題がある.それに対し,正規表現に合致したログを除外するホワイトリスト方式のログ監視も存在し,異常がないとわかっているログを除外することで未知の異常も検知できると期待される.この正規表現群として表されるホワイトリストはブラックリストに比べて非常に多くなりがちなので,人手で正規表現群を作成する労力は,ホワイトリスト方式ではより大きくなるという問題がある.そこで本稿では,ホワイトリストの自動生成を実現し,ホワイトリスト作成の労力を削減した.また,異常を見逃さないという観点から,ホワイトリストには再現率100%が求められる.そのため,本稿では,問題のないログ群から数値を正規表現化してホワイトリストを生成する手法を提案する.これにより再現率100%を実現した. 
(英) We have traditionally monitored log messages in system managements mainly with a blacklist, whether the log messages coincide with regular expressions in the blacklist. However, the blacklist can only alert log messages known as failures in advance. On the other hand, there is a log monitoring with a whitelist in order to exclude log messages known as normal in advance from the alerts. We expect it to find failures which have not been known in advance. A whitelist generally contains much more regular expressions than a blacklist, thus it is harder to write regular expressions in the whitelist by human efforts than to write those in the blacklist. Therefore we achieved an automated whitelist generator to reduce human efforts. Since system failures should not be missed, the whitelist should achieve recall ratio of 100%. Thus we propose a whitelist generator which converts numbers to regular expressions, which achieves recall ratio of 100%.
キーワード (和) ログ監視 / ホワイトリスト / 異常検知 / / / / /  
(英) Log Monitoring / Whitelist / Failure detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 328, ICM2015-22, pp. 27-32, 2015年11月.
資料番号 ICM2015-22 
発行日 2015-11-19 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2015-22

研究会情報
研究会 CQ ICM NS  
開催期間 2015-11-26 - 2015-11-27 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2015-11-CQ-ICM-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ログ監視におけるホワイトリストの自動生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Automated Whitelist Generator for Log Monitoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ログ監視 / Log Monitoring  
キーワード(2)(和/英) ホワイトリスト / Whitelist  
キーワード(3)(和/英) 異常検知 / Failure detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 淳 / Atsushi Sasaki / ササキ アツシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤浦 豊徳 / Toyonori Fujiura / フジウラ トヨノリ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 哲彰 / Tetsuaki Kamata / カマタ テツアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 謙 / Yuzuru Mori / モリ ユズル
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-27 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2015-22 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2015-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会