電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-26 14:30
[招待講演]通信と制御の融合から見たコミュニケーションクオリティ ~ Control over NetworksとControl of Networks ~
久保亮吾慶大
抄録 (和) あらゆるヒトやものがインターネットに接続され,相互に情報交換を行うIoE(Internet of Everything)時代の到来が現実のものとなっている。日本が直面している少子高齢化の進展や低成長経済の定着などを特徴とする超成熟社会においては,IoEが人々のQoL(Quality of Life)の飛躍的向上におけるキーテクノロジーとなる.特に,産業システムの自動化,ネットワーク化は生産年齢人口の拡大につながり,通信サービス品質(QoS:Quality of Service)の多様化は通信アプリケーション,サービスの拡大につながる.本稿では,これらの実現に貢献するネットワークを介した制御(Control over Networks)技術とネットワークの制御(Control of Networks)技術に関する研究事例を紹介するとともに,通信工学と制御工学の融合の観点からIoE時代に求められる通信品質について議論する. 
(英) Thy Internet of everything (IoE) era is coming. In the IoE era, everything including humans is connected to the Internet, and all devices and humans are interactively communicated. Japan faces super mature society, whose features are a lower birthrate, increased longevity, and ever-lasting low-growth economy. The IoE is a key technology to drastically improve the quality of life (QoL) in the super mature society. In particular, industrial system automation/networking increases productive population, and quality-of-service (QoS) diversification results in emerging communication applications and services. This report presents “control over networks” technology and “control of networks” technology to improve the QoL in the super mature society. In addition, communication quality needed in the IoE era is discussed from an integrative perspective of communications and control.
キーワード (和) ネットワーク化制御 / M2M / IoT / CPS / QoS / 省エネルギー / セキュリティ / 超成熟社会  
(英) Networked Control / M2M / IoT / CPS / QoS / Energy Efficiency / Security / Super Mature Society  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 327, CQ2015-80, pp. 29-34, 2015年11月.
資料番号 CQ2015-80 
発行日 2015-11-19 (NS, CQ, ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ ICM NS  
開催期間 2015-11-26 - 2015-11-27 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2015-11-CQ-ICM-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信と制御の融合から見たコミュニケーションクオリティ 
サブタイトル(和) Control over NetworksとControl of Networks 
タイトル(英) Communication Quality from an Integrative Perspective of Communications and Control 
サブタイトル(英) Control over Networks and Control of Networks 
キーワード(1)(和/英) ネットワーク化制御 / Networked Control  
キーワード(2)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) CPS / CPS  
キーワード(5)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(6)(和/英) 省エネルギー / Energy Efficiency  
キーワード(7)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(8)(和/英) 超成熟社会 / Super Mature Society  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 亮吾 / Ryogo Kubo / クボ リョウゴ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-26 14:30:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-NS2015-116,IEICE-CQ2015-80,IEICE-ICM2015-19 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.326(NS), no.327(CQ), no.328(ICM) 
ページ範囲 pp.33-38(NS), pp.29-34(CQ), pp.13-18(ICM) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-11-19,IEICE-CQ-2015-11-19,IEICE-ICM-2015-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会