電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-26 11:55
ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する光仮想ネットワーク構成法
中野啓太谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2015-113
抄録 (和) 近年注目されつつあるビッグデータの利用事案は今後も増加し,ビッグデータはサイズの増大に加えて個数の増大も顕著になることが予想される.本研究では巨大なデータセンタによる従来の一極集中型のデータ解析とは異なる参加型細粒度クラウドコンピューティングを指向したビッグデータの分散並列環境を提唱する.比較的低能力の計算機資源を適宜確保してデータを解析する環境においては,多数のビッグデータとその解析に用いる計算機資源群の最適な組み合わせを構成することが望まれる.そこで,本稿では,光波長パスによるネットワーク仮想化を適用することで各ビッグデータと計算機資源の近傍性を高めた上で,各ビッグデータと計算機資源間とのネットワーク距離に関する公平性の確保や,各計算機資源間における効果的な負荷分散を実現する資源の割り当て方式を提案し,その有効性を計算機シミュレーションによって明らかにする. 
(英) In recent years, use cases of big data are attracting attention and are expected to be increasing in the future. We advocate ultradispersed parallel computation environment for big data analysis aiming at Participating and Fine-grained Cloud Computing. This approach is different from past data analysis based on centralized computing model by a few huge data center. In such parallel computation environment where computer resources with relatively low capacity are utilized, optimal matching between many big data and computer resources should be realized. In this paper, we apply network virtualization with optical paths to improve the proximity of the computer resources and big data, and study resource allocation to achieve fairness related to network distance among big data and computer resources, and effective load balancing between computer resources. Its effectiveness is evaluated by computer simulation.
キーワード (和) ビッグデータ / クラウドコンピューティング / ネットワーク仮想化 / アメーバネットワーク / / / /  
(英) Big Data / Cloud Computing / Network virtualization / Ameba network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 326, NS2015-113, pp. 15-20, 2015年11月.
資料番号 NS2015-113 
発行日 2015-11-19 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2015-113

研究会情報
研究会 CQ ICM NS  
開催期間 2015-11-26 - 2015-11-27 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-11-CQ-ICM-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する光仮想ネットワーク構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Virtual Network Configuration Method Tightly Coupling Big Data and Peripheral Computer Resources 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビッグデータ / Big Data  
キーワード(2)(和/英) クラウドコンピューティング / Cloud Computing  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク仮想化 / Network virtualization  
キーワード(4)(和/英) アメーバネットワーク / Ameba network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 啓太 / Hirotaka Nakano / ナカノ ヒロタカ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 陽祐 / Yosuke Tanigawa / タニガワ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-26 11:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-113 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.326 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会