電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-25 12:10
スピン渦誘起ループ電流を量子ビットとした量子計算 ~ Shorのアルゴリズムの計算機上シミュレーションと外部電流カップラーによるデコヒーレンス ~
若浦 光森崎 翼小泉裕康筑波大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 我々は、スピン渦誘起ループ電流に基づく 新たな超伝導理論を提唱している。これは、銅酸化物高温超伝導体のCuO2平面上に存在するとされているナノサイズのループ電流で、量子ビットとして利用できることが先行研究から明らかだ。これは非常に有望な量子ビットである。単一ゲート演算にかかる時間は非常に短く、制御NOTゲートも実装できる。また、外部電流をカップラーとして集積化することも可能だ。今回は4量子ビット系におけるShorのアルゴリズムを計算機上でシミュレーションした結果と外部電流に伴うノイズによるデコヒーレンスについて議論する予定である。 
(英) We have proposed new superconducting theory based on Spin-Vortex Induced Loop Current(SVILC). This is the nano-sized loop current on CuO2 plane and it is available for qubit of quantum computer. This is very promising candidate for physical realization of quantum computer. It can demonstrate 1 and 2- qubit gate very rapidly. And by external current feeding as a coupler between two currents as single qubit may enable us to fabricate the system with 100 qubit. In this session I introduce the result of numerical simulation of Shor’s algorithm on 4 qubit system. In addition I discuss the result of calculation of Master equation of the noise induced by external current.
キーワード (和) 新規量子ビット / スピン渦誘起ループ電流 / 量子計算 / カップラー / 量子アルゴリズム / / /  
(英) New kind of qubit / Spin-Vortex Induced Loop Current(SVILC) / quantum calculation / coupler / quantum algorithm / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-11-24 - 2015-11-25 
開催地(和) NTT厚木研究開発センタ講堂 
開催地(英) NTT Atsugi R&D center 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スピン渦誘起ループ電流を量子ビットとした量子計算 
サブタイトル(和) Shorのアルゴリズムの計算機上シミュレーションと外部電流カップラーによるデコヒーレンス 
タイトル(英) Quantum Calculation using Spin-VortexInduced Loop Currents as a Qubits 
サブタイトル(英) Numerical simulation of Shor's algorithm and decoherence by external current as the coupler 
キーワード(1)(和/英) 新規量子ビット / New kind of qubit  
キーワード(2)(和/英) スピン渦誘起ループ電流 / Spin-Vortex Induced Loop Current(SVILC)  
キーワード(3)(和/英) 量子計算 / quantum calculation  
キーワード(4)(和/英) カップラー / coupler  
キーワード(5)(和/英) 量子アルゴリズム / quantum algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若浦 光 / Hikaru Wakaura / ワカウラ ヒカル
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tukuba University (略称: Tukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森崎 翼 / Tubasa Morisaki / モリサキ ツバサ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tukuba University (略称: Tukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 裕康 / Hiroyasu Koizumi / コイズミ ヒロヤス
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tukuba University (略称: Tukuba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-25 12:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会