電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-24 10:00
不安定系との結合による量子ビットのコヒーレンス時間の改善
松崎雄一郎X. Zhu角柳孝輔樋田 啓NTT)・下岡孝明水落憲和阪大)・根本香絵NII)・仙場浩一NICT)・W. J. Munro山口浩司齊藤志郎NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 我々は、窒素・空孔(NV)中心のコヒーレンス時間を改善できる新しい手法を提案する。超伝導磁束量子ビットを単一のNV中心と結合させることで、磁場ノイズに対してロバストなダーク状態が形成される。このダーク状態を利用することで、超伝導磁束量子ビットのコヒーレンス時間がNV中心よりも桁違いに短い場合でも、NV中心の位相保持時間を延ばすことが可能となる。我々のスキームは量子計算機、量子中継器、量子計測の実現に貢献すると考えられる。 
(英) Here, we propose a counterintuitive use of a hybrid system where the coherence time of a quantum system can be significantly improved by coupling it with a system of a shorter coherence time. Coupling a superconducting flux qubit with a single nitrogen-vacancy (NV) center, a dark state of the NV center naturally forms after the hybridization. We show that this dark state becomes robust against noise due to the coupling even when the coherence time of the flux qubit is much shorter than that of the NV$^-$ center. Our proposal opens a new
way to use a quantum hybrid system for the realization of quantum computation, quantum repeater, and quantum metrology.
キーワード (和) 量子計算 / / / / / / /  
(英) quantum computation / / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-11-24 - 2015-11-25 
開催地(和) NTT厚木研究開発センタ講堂 
開催地(英) NTT Atsugi R&D center 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不安定系との結合による量子ビットのコヒーレンス時間の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving the coherence time of a quantum system via a coupling to a short-lived system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子計算 / quantum computation  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 雄一郎 / Y. Matsuzaki / マツザキ ユウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) X. Zhu / X. Zhu / X. Zhu
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 角柳 孝輔 / K. Kakuyanagi / カクヤナギ コウスケ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋田 啓 / H. Toida / トイダ ヒラク
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 下岡 孝明 / T. Shimoka /
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 水落 憲和 / N. Mizuochi / ミズオチ ノリカズ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 根本 香絵 / K. Nemoto / ネモト カエ
第7著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 仙場 浩一 / K. Semba / センバ コウイチ
第8著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) W. J. Munro / W. J. Munro / W. J. Munro
第9著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 浩司 / H. Yamaguchi / ヤマグチ ヒロシ
第10著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 志郎 / S. Saito / サイトウ シロウ
第11著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-24 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会