電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-20 15:45
ペアプログラミング手法を用いた学生実験を効果的に支援するためのExナビの開発と実践
稲守 栄千田和範野口孝文釧路高専ET2015-67
抄録 (和) これまでプロジェクト型メカトロニクス学習教材の開発を行い,学生実験に導入した.しかし,一部の学習者は実験に対して興味を持ってはいるが,課題達成に貢献できずにいた.その原因として,グループ内の学習者間での知識・技能の差がある.これにより,理解の早い学習者が単独で課題達成を行ってしまっていた.
本研究では,従来のグループ実験にペアプログラミング手法を取り入れ,ドライバーとナビゲータが効率的に学習することができる学習支援システムの構築を行い,学生実験への導入を紹介する. 
(英) We developed project based learning materials for mechatronics , and introduced into student experiments. Some of learner had an interest in experiments. However they weren't able to contribute to solutions in tasks of experiments. It is thought to be causally related to a difference of knowledge and skills among learners in the group. So, learner with a capacity for solving problems alone accomplished the tasks of experiment. In this paper, we introduce learning support system with all of the advantages of Pair-Programming method.
キーワード (和) プロジェクト型学習 / ペアプログラミング / 拡張現実 / / / / /  
(英) PBL / Pair programming / Augmented Reality / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 319, ET2015-67, pp. 47-50, 2015年11月.
資料番号 ET2015-67 
発行日 2015-11-13 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2015-67

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-11-20 - 2015-11-20 
開催地(和) 木更津高専 
開催地(英) Kisarazu College 
テーマ(和) 若手企画(若手選奨が実施されます) 
テーマ(英) Sessions for Young Researchers (Young Researcher Awards Selection) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ペアプログラミング手法を用いた学生実験を効果的に支援するためのExナビの開発と実践 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Practice of "Ex-Navi" for Assisting of Student Experiments based on Pair Programming Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロジェクト型学習 / PBL  
キーワード(2)(和/英) ペアプログラミング / Pair programming  
キーワード(3)(和/英) 拡張現実 / Augmented Reality  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲守 栄 / Sakae Inamori / イナモリ サカエ
第1著者 所属(和/英) 釧路工業高等専門学校 (略称: 釧路高専)
National Institute of Technology, Kushiro College (略称: KNCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 千田 和範 / Kazunori Chida / チダ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 釧路工業高等専門学校 (略称: 釧路高専)
National Institute of Technology, Kushiro College (略称: KNCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 孝文 / Takafumi Noguchi / ノグチ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 釧路工業高等専門学校 (略称: 釧路高専)
National Institute of Technology, Kushiro College (略称: KNCT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-20 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2015-67 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.319 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2015-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会