電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-18 14:50
512-Gb/sデュアルキャリア偏波多重16QAM信号のROADMネットワークにおける光フィルタリング耐力に関する一検討
川口 優釣谷剛宏KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,次期伝送システムとして1 チャネル当たり400-Gb/s のWDM 伝送システムの検討が報告されている.400-Gb/s 信号は,変調多値度,変調速度,搬送キャリア数の組み合わせによりいくつか異なるアプローチが検討されているが,特にデータトラフィック容量が増加しているメトロ光ネットワークでは,デュアルキャリアを用いる偏波多重16-QAM(DC-PDM-16QAM)信号が注目されている.さらに,メトロ光ネットワークでは,一般的に複数の光挿入分離装置(ROADM)により構成されるため,ROADM 内の波長選択スイッチ(WSS)が多段に接続されることによる光フィルタリングの影響が懸念される.そこで今回75-GHz グリッドの多段ROADM フィルタリングにおける400-Gb/s 信号(DC-PDM-16QAM 信号)の影響について実験的に検討したので報告する. 
(英) Recently, a 400-Gb/s-based transmission system is especially focused on as a promising candidate of the next generation transmission system. There are several approaches to realize 400-Gb/s signals in combination with baud-rate, modulation format and number of subcarriers. Especially, dual-carrier PDM-16QAM signal is focused on metro networks which are rapidly increasing data traffic demand. In addition, since wavelength selective switches (WSSs) in reconfigurable optical add/drop multiplexers (ROADM) are connected in multiple stages on metro networks, the cascaded filtering effects which occur in ROADMs is a serious concern. Therefore, we experimentally investigate filtering tolerance of 400-Gb/s signal (DC-PDM-16QAM signals) in 75-GHz-grid ROADM networks considering.
キーワード (和) デュアルキャリア偏波多重16 QAM / フィルタリング耐力 / 400-Gb/s信号 / 75-GHzグリッド / ROADMネットワーク / / /  
(英) Dual-carrier PDM-16QAM / Filtering tolerance / 400 Gb/s / 75-GHz grid / ROADM network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 312, PN2015-31, pp. 45-48, 2015年11月.
資料番号 PN2015-31 
発行日 2015-11-10 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2015-11-17 - 2015-11-18 
開催地(和) 日本女子大学 目白キャンパス 
開催地(英) Japan Women's Univ. 
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英) Elastic Optical Networks, Flexible Networks, Optical Network Control/Protocol, Transport SDN, IP Backbone, SDM, Mode Division Multiplexing, Photonic Network Devices, JPN Model, EXAT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2015-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 512-Gb/sデュアルキャリア偏波多重16QAM信号のROADMネットワークにおける光フィルタリング耐力に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Filtering Tolerance of 512-Gb/s Dual-Carrier PDM-16QAM Signals in ROADM Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デュアルキャリア偏波多重16 QAM / Dual-carrier PDM-16QAM  
キーワード(2)(和/英) フィルタリング耐力 / Filtering tolerance  
キーワード(3)(和/英) 400-Gb/s信号 / 400 Gb/s  
キーワード(4)(和/英) 75-GHzグリッド / 75-GHz grid  
キーワード(5)(和/英) ROADMネットワーク / ROADM network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 優 / Yu Kawaguchi / カワグチ ユウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani /
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-18 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2015-31 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2015-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会