電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-18 15:45
サービス要求条件充足と網コスト抑制を両立するネットワークスライスマネジメント手法
下城拓也カーン アシック田村 基岩科 滋NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5G時代においては,多様な要求条件を持つサービスをより安価に提供するため,共通の物理資源上にサービス毎に最適化された論理ネットワークをネットワークスライスとして作成するアプローチが検討されている.この際,サービス各々に適した機能を具備したネットワークスライスを多数作成した場合にはリソース利用の統計多重効果が得られず分割損が発生し,一方で多くのサービスを全サービス要件に必要な機能を具備した1つのネットワークスライスに収容する場合には一部サービスにとって不要な機能の提供によるリソースの無駄が発生する.本稿では,任意のサービス要求条件を持つ複数のサービスを,それぞれの要求条件を満たしながらより少ないネットワークスライスに多重収容することでサービス要求条件充足とリソース利用効率向上を両立するためのネットワークスライス制御アーキテクチャ,アルゴリズムを示す.併せて,次世代モバイル通信ネットワークのビジョンとロードマップを策定するNGMNにおいて定義された将来サービスに対して本アルゴリズムを適用した結果を述べる. 
(英) 5G era services are expected to come with diverse and conflicting requirements. Accommodating such diverse range of services in one monolithic EPC type of network is very difficult, and sometimes impossible when extreme network performance is required. In the research proposal presentation, the concept of slicing, which creates logically isolated virtual networks for different services was presented. This helps in accommodating services which have extreme network requirements. However, slices lose the multiplexing gain available in conventional monolithic networks, leading to resource wastage. In this dissertation, a new algorithm which automates the service grouping and slice creation/accommodation process but with reduced cost is proposed. Along with that, referring future services defined in NGMN, the per-group slicing concept is evaluated.
キーワード (和) NFV / SDN / 将来モバイルコアネットワーク / ネットワークスライシング / / / /  
(英) NFV / SDN / Future Mobile Core Network / Network Slicing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 311, MoNA2015-35, pp. 77-82, 2015年11月.
資料番号 MoNA2015-35 
発行日 2015-11-10 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA IN  
開催期間 2015-11-17 - 2015-11-18 
開催地(和) 熊本大学(黒髪南地区)(桜島の火山活動が活発なため鹿児島市から変更) 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ユビキタスネットワーク、BYOD、移動端末制御ネットワーク技術、M2M通信制御、自己組織化・自律分散制御、モバイルネットワーク、モバイルアプリケーション及び一般 
テーマ(英) Ubiquitous Network, BYOD, M2M, Contextware, Mobile Social Service, Mobile Service on Virtualization Environment, Mobile Offload, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2015-11-MoNA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サービス要求条件充足と網コスト抑制を両立するネットワークスライスマネジメント手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network slice management method for low cost networking under variable service requirements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(2)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(3)(和/英) 将来モバイルコアネットワーク / Future Mobile Core Network  
キーワード(4)(和/英) ネットワークスライシング / Network Slicing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下城 拓也 / Takuya Shimojo / シモジョウ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO.INC (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) カーン アシック / Ashiq Khan / カーン アシック
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO.INC (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 基 / Motoshi Tamura / タムラ モトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO.INC (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩科 滋 / Shigeru Iwashina / イワシナ シゲル
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO.INC (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-18 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2015-35 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2015-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会