電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-18 10:25
サブキャリアアグリゲーションネットワークにおける収容効率の検討
高 山亀谷聡一朗久保和夫杉原隆嗣三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代の大容量信号をメトロコア網で伝送するための技術として,複数のサブキャリア信号で大容量の光パスを構成する光マルチキャリア伝送技術が注目されている.サブキャリアを束ねて同一経路の隣接波長に配置して光パスを構成するバンドルサブキャリア(BS)方式を基にした検討がされているが,個々の光パスが占有する波長帯域が広く,既に利用中の光パスが多く存在する場合には光パスの新規設定が困難となる.本検討では,これに対して波長資源の有効利用を図るためにレート適応型誤り訂正を使用するサブキャリアアグリゲーション方式SA-raFEC(Subcarrier Aggregation with rate-adaptive Forward Error Correction)方式を提案する.提案方式では,サブキャリアを任意経路の任意波長に割当てることで光ネットワーク全体の提供可能な光パス数を向上する.また,FEC冗長度を拡張することで長距離経路を活用し,さらなるトラヒック収容率の向上を実現する.評価の結果,提案方式はコアネットワークのJPN12トポロジおよびメトロネットワークを想定してJPN25から抜粋したトポロジにおいて従来方式より収容率を向上した. 
(英) Multicarrier transmission technique is the one of the promising approach to achieve high capacity transmission in future optical transport network. Plural wavelength channels are used as subcarriers to organize one optical path. Most of studies about multicarrier transmission discuss that all subcarriers are bundled and routed in one optical fiber path as bundled subcarrier (BS) approach. Wide spectral bandwidth of bundled subcarriers restricts the number of providable optical paths in entire network. We propose subcarrier aggregation (SA) approach employing the rate-adaptive forward error correction (SA-raFEC) for the efficient use of wavelength resources. Our proposed SA-raFEC approach splits bundled subcarriers and allocates them to different optical fiber path. Long distance routes can be utilized by adjusting FEC redundancy to further improve the accommodation efficiency of entire network. Simulation results show that our proposal improves accommodation efficiency in both core (JPN12) and metro (a part of JPN25) network topologies.
キーワード (和) ルチキャリア伝送 / サブキャリアアグリゲーショ / レート適応型誤り訂正 / / / / /  
(英) multicarrier transmission / subcarrier aggregation / rate-adaptive FEC / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 312, PN2015-28, pp. 29-34, 2015年11月.
資料番号 PN2015-28 
発行日 2015-11-10 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2015-11-17 - 2015-11-18 
開催地(和) 日本女子大学 目白キャンパス 
開催地(英) Japan Women's Univ. 
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英) Elastic Optical Networks, Flexible Networks, Optical Network Control/Protocol, Transport SDN, IP Backbone, SDM, Mode Division Multiplexing, Photonic Network Devices, JPN Model, EXAT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2015-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サブキャリアアグリゲーションネットワークにおける収容効率の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of Accommodation Efficiency for Subcarrier-Aggregation Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ルチキャリア伝送 / multicarrier transmission  
キーワード(2)(和/英) サブキャリアアグリゲーショ / subcarrier aggregation  
キーワード(3)(和/英) レート適応型誤り訂正 / rate-adaptive FEC  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高 山 / Shan Gao / ガオ シャン
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀谷 聡一朗 / Soichiro Kametani / カメタニ ソウイチロ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 和夫 / Kazuo Kubo / クボ カズオ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉原 隆嗣 / Takashi Sugihara / スギハラ タカシ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-18 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2015-28 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2015-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会